無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 注文住宅・家づくり
  4. 夫婦共有名義でマイホームを購入すると・・・

住宅関連記事・ノウハウ

住宅アドバイザー 吉田 貴彦 株式会社住宅相談センター夫婦共有名義でマイホームを購入すると・・・

夫婦共有名義でマイホームを購入すると・・・

 最近の若いご夫婦は共働きが多いので、マイホームの名義をつけるときも夫婦共有名義となることが増えています。夫婦とも働いていて所得税・住民税を納めていると、一定の要件をクリアすれば住宅ローン控除の適用によって税金が還付されます。そのためにご夫婦お二人で住宅ローンを借りて、還付が受けられるようにしてほしいとのご要望をいただくことが多いのです。
 それはそれで良い話ですが、一方で注意しなければならないこともあります。

 万一、将来そのご夫婦が離婚するようなことになりますと、持ち分名義と住宅ローンの債務名義をどうするのでしょうか?仮に家を出たのが妻として、その借金を夫が負担することはできません。仮にできたとしても、妻の借金の名義を夫に移転することは金融機関がほとんど認めません。仮に認められたとしても、妻の借金を夫が肩代わりしたことになり贈与税の問題が発生します。
 そもそも顔も見たくないので離婚するのでしょうから、名義の変更の手続きなど円滑に進むはずもありません。

 今結婚するカップルの4組に1組は離婚する可能性がありますので、夫婦共有名義で夫婦2本の債務という状態は、大変大きな障害になります。(金融機関では、その処理が大きな問題となっています。)

 離婚の話ばかりを書きましたが、親子リレーローンについても同様の問題が発生しますし、どちらか一方が退職したときに借り換えができないなど、さまざまな課題を残すことになります。
 住宅ローンは、長い返済期間におよぶ環境変化のリスクにも耐えられるように借りることが大切です。今から家を買おうという人には現実的な話ですが、本当に困るのです。

 住宅相談センター 代表取締役 吉田貴彦

 【生活の困ったを相談してあんしん!】
  ご相談・ご質問・ご要望は下記まで お気軽にどうぞ!
    ■住宅相談センター  フリーダイヤル 0120-756-365
     名古屋市中区栄四丁目1番地1 中日ビル6階
     http://www.hng.ne.jp/expert_detail48.html
     オフィシャルサイト

関連記事

住宅アドバイザー 吉田 貴彦住宅アドバイザー 吉田 貴彦

住宅アドバイザー 
吉田 貴彦
株式会社住宅相談センター

証券系不動産会社・大手ハウスメーカーに営業責任者として勤務。
 ファイナンシャル・プランナーや住宅ローンコンサルタント・ホームインスペクターなどアメリカの制度を早くから導入して、お客様本位の家づくりのアドバイスを提唱している。