無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 早めに家づくりを検討することがおトクな家づくりの第一歩

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社早めに家づくりを検討することがおトクな家づくりの第一歩

早めに家づくりを検討することがおトクな家づくりの第一歩

 今回は、金利が安いときを見計らって、できるだけ早めに家づくりを検討することが、おトクな家づくりの第一歩になることについて解説しましょう。

 住宅金融支援機構(東京都文京区)は、2月4日(火)に各金融機関が提供する長期固定金利住宅ローン「フラット35」の2014年2月の適用金利を公表しました。

 最低金利は過去最低水準だった前月(1.80%)より0.01%下げ、史上最低水準になりました。
 もっとも多かった金利は1.79%となっています。一方、借入期間が20年以下のタイプは1.53%~2.24%で、最低金利は前月に比べ0.01%上昇しています。返済期間が最長50年の「フラット50」の金利幅は2.50%~3.25%で、最頻値は2.75%。
 史上最低金利という見出しが踊り、これからもフラット35はずっとこのままの金利が続きそうな印象をうけますが、注意しなければならないことがあります。

 フラット35金利が適用になる月は【お引き渡し月】であり【請負契約締結月】ではありません。
 よって、現時点で低金利だからといって、契約を締結し、お引き渡しが完了するまでは正確な金利は確定できないのです。

 フラット35金利に大きな影響を及ぼす国債金利については、読者のみなさまもご存じの通り経済動向に左右され、直近で気になる大きな動きは株価の暴落。
 なお、フラット35金利動向は、おおよそ半年前の経済動向を反映した金利になることが多いことから、今月は低金利だから、半年後もまちがいなく低金利とはいえないところが難しいところなのです。

 現時点の経済の基礎的条件(ファンダメンタルズ)を観れば、半年後に急激に金利が暴騰するということはあまり考えられませんが、家を建てる検討をはじめた段階から引き渡しまでは約1年を観ておいたほうが確実。
 となると、1年後の金利条件はますます先が見通せなくなります。

 ただし、住宅ローンについては現時点では2014年は極端な上昇はない、と想定されていることから、できるだけ早めに家づくりを検討することが、おトクな家づくりをするコツ。
 低金利とあわせて、次年度から拡充される住宅ローン減税やすまい給付金のほか木材利用ポイント、長期優良住宅化リフォーム補助などの減税・補助金を上手に活用しながら、少しでもおトクな家づくりを計画しましょう。
 いま、家づくり計画にすぐに取りかかるか、後から取りかかるか。
 この判断が、後々のローン支払額に大きな影響を及ぼします。

 ★毎週住まいに役立つ無料メールマガジンを配信中!「本当の住まいづくり入門~100人の達人に聞く」

 ★「新築建てたい」「リフォームしたい」「土地の購入・売却を検討」「家づくりお金について」「住宅ローンについて」「賃貸併用住宅など、収益のでる家を建てたい」「とにかく自宅の近くで安心できる業者を紹介してほしい」など住まいに関するお悩みを相談してみませんか? ご相談は随時受付中(ネクスト・アイズ株式会社)
  ■電話によるご相談(無料) →  0120-406-212 まで(水曜定休日)
  ■メールによるご相談(無料) →  info@nexteyes.co.jpまで(水曜定休日)

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。