無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. インテリア
  4. やっぱり、おうちごはん!~“わが家の味”が家族を育む

住宅関連記事・ノウハウ

住生活情報マガジン 余はく やっぱり、おうちごはん!~“わが家の味”が家族を育む

やっぱり、おうちごはん!~“わが家の味”が家族を育む

 手間をかけずに、心をかける〝わが家の味〞が家族を育む

調理力を身につけておうちごはんを気軽に、楽しく

 スーパーに行けば出来合いのおかずが手軽に手に入る昨今、家庭の味がなくなってきているという声をよく聞きます。そして、そのことに危機感を感じる若い世代がいるのも、また事実。
 「家での食事を見直したいといって、若いお母さんたちがここに来られます。そんな方々に教えるのは、おいしいおだしのとり方やお味噌汁の作り方など、家庭料理の基礎の基礎。いずれも料理の幅を広げるために知っておきたいことばかりです」と話すのは、東京・奥沢にある料理教室「フロム・キッチン」の講師、村尾まり子さん。村尾さんは、料理教室で習ったことを持ち帰り、それをわが家の味にアレンジしていくことが、おうちごはんを楽しむうえで大切だと話します。

 「つまり、レシピはあくまでも目安。もう少し甘いのが好きとか、コクがほしいとか、自分の判断でわが家の味に仕立てていくことが大事なんです」
 村尾さんは、そんなアレンジを〝調理力〞と呼んでいます。

 「調理力が身につくと、応用が効くようになります。例えば、作るものによって食材の切り方が違いますが、それはどう切るかによって軟らかくなるまでの時間やつぶれ具合が異なるため。それがわかれば限られた時間の中で効率よくお料理できますし、レシピが読めるようにもなります。料理本にファッション的なレシピが載っていても、これは手早く作りたい自分には向いていないといった選択もできるようになるわけです。また、この食材がないときは別のもので代用しようという知恵もついてきます。そうなると、家で作るお料理が楽しいものになるはずです」
 多忙な暮らしの中で、効率のよさは大切な要素ですが、それはともすると出来合いのものを買って並べるという〝手抜き〞にもつながりがち。しかし、村尾さんがいう調理力をあげることは、料理の手を抜くことではありません。

 「手抜きというといい加減なこととして捉えられますが、状況に合わせて手間を省くのは決して悪いことではありません。例えば、甘味噌(次ページ)を時間のあるときに少し多めに作り置きしておけば、大急ぎで夕飯の支度をしなければいけないときなどに大活躍しますし、それを使って、簡単にもう1品できます。
 要は、必要なことを知った上で手間を省くことが大切です」

やっぱり、おうちごはん
 ■調理力を身につけておうちごはんを気軽に♪

情報提供:住宅情報マガジン『余はくvol.19 秋号』
P8~P12(2013.9.1発行)
取材・文/冨部 志保子氏 撮影/福島 利香氏(P9以外)

関連記事

住生活情報マガジン 余はく住生活情報マガジン 余はく

住生活情報マガジン 
余はく

大人のライフスタイルにちょっぴり魔法のアクセントをー
余白は、余っているんじゃないんです。残しておいたのです。
暮らしのこと…、住まいのこと…、趣味のこと…、余白を使う時は、ちょっと特別なんです。そんな、<余はく>を粋に演出できる大人のための住生活情報マガジンです。