無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. インテリア
  4. 北欧スタイルの魅力~北欧の家具を上手に利用

住宅関連記事・ノウハウ

住生活情報マガジン 余はく 北欧スタイルの魅力~北欧の家具を上手に利用

北欧スタイルの魅力~北欧の家具を上手に利用

 クッションや雑貨など、北欧の小物を上手に利用

 シンプルで美しい北欧スタイルの家具は、欧米のものに比べるとサイズが 小振りで、日本の生活空間に合いやすいのも嬉しい点。とはいえ、空間のすべてを北欧デザインに切り替えるのは、なかなか大変なことです。では、どうすればよいでしょう? 愛着のある手持 ちの家具を活かしながら、上手に北欧スタイルを取り入れるには、大きく二つの方法があります。 一つは、北欧デザインの椅子やキャビネットといった単品のアイテムを部屋の主役としてレイアウトする方法。
 例えば、リビングであれば部屋に入って最初に目がいくコーナーやテレビの まわりなどに北欧を感じさせる小家具を配置すると、それだけで印象が変わります。

 単体であっても家具を購入するのはちょっと、という場合は、木のバスケットや北欧らしい色柄のキッチンタオル、幾何学模様のラグ、木の雑貨など、脇役となる小物を、北欧を意識したものに変えるだけでも効果的。季節に応じて、レイアウトする小物を変えていくと雰囲気も変わり、新鮮な気持ちで北欧スタイルが楽しめます。
 厳しくても美しい自然と共存するための知恵を習得してきた北欧の人々の意識は、日本人が古くから大切にしてきた「ものを大事にする」という心と、 どこか似ています。北欧スタイルが一過性のブームではなく、インテリアの一つのスタイルとして日本に定着しつつあるのは、こうした北欧の人々の心意気への賞賛が、その根底にあるのでしょう。

 シンプルでいて、ほっとくつろげる北欧スタイルのインテリア。今年、そのセンスを取り入れながら、どこよりも居心地のいいわが家づくりを始めてみてはいかがでしょう。

 

北欧の小物で北欧スタイル

情報提供:住宅情報マガジン『余はくvol.20 新春号』
P8~P11(2014.1.1発行)
取材・文/冨部 志保子氏 写真提供/unico

関連記事

住生活情報マガジン 余はく住生活情報マガジン 余はく

住生活情報マガジン 
余はく

大人のライフスタイルにちょっぴり魔法のアクセントをー
余白は、余っているんじゃないんです。残しておいたのです。
暮らしのこと…、住まいのこと…、趣味のこと…、余白を使う時は、ちょっと特別なんです。そんな、<余はく>を粋に演出できる大人のための住生活情報マガジンです。