無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 上手な家づくりコストダウンのコツ

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社上手な家づくりコストダウンのコツ

上手な家づくりコストダウンのコツ

 家族のライフスタイルと希望を住宅会社にきちんと伝えたあとでほとんどの方が直面する【予算オーバー】に際し、いかにしてコストダウンを 図るべきか。【コストダウン】のコツをご案内しましょう。
 誰しもが考える【グレードを落とさずにコストを抑える】ためには、優先順位の認識と整理が、なによりも大切なことなのです。
マイホームに求める優先順位は人それぞれですが、ご家族で【我が家の優先順位】を再度確認してみましょう。

 次に、【我が家の優先順位】を整理したあと、注文住宅でコストダウンを検討するときのポイントを解説します。
 注文住宅でコストダウンするコツは以下の通りです。

 1.プランニング
 見積もりは必ず数社からとって比較。
 価格だけで比較することはお勧めできませんが、
 数社を比較することで適正な価格の見当がつくようになります。

 2.間取り
 凹凸や仕切りが多い複雑な間取りより、シンプルな形状で基本モジュールに添った
 寸法のほうが材料と加工にかかる無駄が減ります。
 また、キッチンなどの水廻りはできるだけまとめると、工事費を抑えられます。

 3.設備
 キッチン・ユニットバス・トイレなどは、できるだけ同じメーカーで揃えたほうが
 全体での値引交渉をしやすくなることから、コストダウンにつながる可能性が高くなります。
 また、設備や建材を施主自身が調達する『施主支給』でコストダウンを図る方法も
 ありますが、住宅会社によっては施主支給が難しい場合もあります。

 4.建築材料
 多くの建築資材を組み合わせた場合、種類が多ければ多いほど複雑な工事になります。
 工事が複雑になると、職人さんの人件費が嵩むことから、
 適正かつ少ない種類の材料を多めに仕入れるほうが、
 結果として材料費が安くなる場合があります。

 一方、住宅の安心・安全に密接にかかわる部分と、適切な住宅性能を維持するためにコストダウンしていけない要素もあります。

  1.地盤
 マイホームの建物を支える地盤は、強固でなければいけません。軟弱地盤の
 場合は、安全を最優先にした適切な地盤改良工事を行う必要があります。

  2.構造
 基礎・土台・柱・梁(はり)など、家の構造部分にかかわる部分は
 コストダウンしてはいけません。

 3.断熱・防水
 断熱や防水は、構造部分と同じように重要な部分なのです。
 当初のコストを抑えて20年程度で建て替えなければいけない家になるか、
 多少の出費を覚悟して長い期間にわたって快適に過ごす家を建てるか。
 長い目でみれば、明らかに後者のほうがランニングコストがかからない家になります。

 ★専門家による家づくり・リフォーム・住宅ローンなどの無料電話・メール相談(ネクスト・アイズ株式会社)
  》受付時間:毎週水曜日を除く午前10時~午後6時
  》ご相談電話:フリーダイヤル 0120-406212
  》ご相談メール:こちら

 ★施工会社選定から面談時の注意点などあなたが理想の住まいを手に入れるお手伝いをいたします!
  無料プランニングはこちらまで(水曜定休日)

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。