無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 注文住宅・家づくり
  4. 中古住宅の心配をカバーする保険があります

住宅関連記事・ノウハウ

住宅アドバイザー 吉田 貴彦 株式会社住宅相談センター中古住宅の心配をカバーする保険があります

中古住宅の心配をカバーする保険があります

 前回は中古住宅を買いたくない理由についてお話ししましたが、その中でも「隠れた欠陥(瑕疵:カシと言います)があるのではないか?」という心配の声が多いようです。
 アメリカなどでは、中古住宅(アメリカでは新築ではなく中古住宅を購入する方が多い)を購入する前にホームインスペクション(住宅診断)をすることが一般的になっており、購入前に瑕疵がないかある程度判断できるようになっています。
 日本では、ようやく国が「既存住宅インスペクション・ガイドライン」を策定(平成25年6月)して、ホームインスペクションを普及させようとしているところですが、その前に中古住宅を安心して購入したいという人には、「既存住宅瑕疵保険」が役に立つでしょう。

 この保険は、中古住宅の購入後に構造上主要な部分の欠陥や雨漏れが発見された場合、修理に必要な金額が保険金として支払われる仕組みです。しかも、この保険を利用しようとする場合は、一定の資格のある検査事業者によって、その中古住宅を検査して合格しなければならないことになっています。
 つまり
  1.検査による一定の品質が約束された住宅で
  購入後に瑕疵が発見されても保険金で修理できるという二重の安心が用意されることになります。
 この保険を利用するには、保険料と検査料を支払わなければなりませんが、新築住宅に含まれている同様の費用と比較しても決して高くはありません。(担当する保険法人や検査事業者によって料金は異なります)
この保険を利用して中古住宅を購入すれば、安心安全・快適な暮らしができるはずです。

 既存住宅瑕疵保険の内容
 ○保険機関:住宅の引き渡しから1年間・5年間から選ぶことができます。
 ○保険金額:500万円または1,000万円から選ぶことができます。(5年間は1,000万円のみ)
 ○免責:5万円
 ○対象となる費用:修補費用、仮住まい・転居費用、損害調査費用

 なお、この保険は中古マンションにも適用することができます。是非利用を検討されてはいかがでしょう。

 住宅相談センター 代表取締役 吉田貴彦

 【生活の困ったを相談してあんしん!】
  ご相談・ご質問・ご要望は下記まで お気軽にどうぞ!
    ■住宅相談センター  フリーダイヤル 0120-756-365
     名古屋市中区栄四丁目1番地1 中日ビル6階
     http://www.hng.ne.jp/expert_detail48.html
     オフィシャルサイト

関連記事

住宅アドバイザー 吉田 貴彦住宅アドバイザー 吉田 貴彦

住宅アドバイザー 
吉田 貴彦
株式会社住宅相談センター

証券系不動産会社・大手ハウスメーカーに営業責任者として勤務。
 ファイナンシャル・プランナーや住宅ローンコンサルタント・ホームインスペクターなどアメリカの制度を早くから導入して、お客様本位の家づくりのアドバイスを提唱している。