無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 高齢になってもつかず離れずの暮らしが理想的

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社高齢になってもつかず離れずの暮らしが理想的

高齢になってもつかず離れずの暮らしが理想的

 30代で新築や中古住宅の購入を計画していると、なかなか思い浮かべないこととして自分たちの子供が独立してからのセカンドライフを夫婦でどう過ごすか、ということがあります。
 高齢になってからの段差解消といった《バリアフリー対策》はもちろん、照明のスイッチを大きくすることなどの《ユニバーサルデザイン》、室内の温度差をできるだけ少なくする《住宅性能向上》、緊急時にすぐにかけつけてもらえる《見守り機能》といった設備や仕様の工夫は容易に思い付きます。
 ただ、最も大切なことは、夫婦だけの生活に戻ったとき、どう日々を過ごすか、ということ。
住宅の仕様はもちろん大切かもしれませんが、高齢になっても身の回りのことを自分でこなせるほど《元気》でいられるほうが、ずっとしあわせな時間を過ごせると思えるのです。

 理想はPPK(ピンピンコロリ)。家族に大きな負担が掛かるNNK(ネンネンコロリ)の余生は、だれも願っておりません。
 つまり、夫婦それぞれが、理想とするPPK(ピンピンコロリ)で過ごせるようにするには、住宅の仕様・性能はもちろんのこと、独立している子供の家族や近隣と、どう関わっていくか、ということが大切なのです。

 ネットで検索したり、直接、自分の親に聞いてみると、高齢者(親)が抱く気持ちを裏付けるデータはたくさんあります。いくつかのアンケートを紐解いてみると、大半の親は、自分たちが老いた父母を自宅で介護してきた経験がトラウマになっている傾向が多い様子。
 自分が元気なうちは子どもの世話になりたくない、とお考えの方が大半です。

 その理由は、『子どもに迷惑を掛けたくない』『自由に暮らしたい』とのこと。

 自分たちが介護で苦労した経験を自分の子供たちに背負ってほしくない、という考えを持っている方々が多いようです。

 上記のような高齢者の気持ちを踏まえたとき、高齢者が快適に自立して暮らせる家とは、どんな家なのだろうと考えました。
 自分で家事を行うならば、家のなかで火を使わない【オール電化住宅】も有力な候補になります。大半の【オール電化住宅】は、断熱性・気密性に優れていることから、冬は暖かく夏は涼しい住まいになります。 バリアフリーやユニバーサルデザインについては、自分たちがよほど変わった要望を出さなければ、大半の設計担当者はきちんと配慮した仕様にしてくれます。
 でも、夫婦、独立した子供世帯、そして近隣との係わりを考えたとき、決してないがしろにしていけないことは《つかず離れずの暮らし方》ができる間取り計画ではないでしょうか?

 まず、夫婦のそれぞれが自分のリズムで生活できる居場所があるのが前提。
 その上で、家族や周囲の人々がいろいろな形で関わることができる、というスタイルが、高齢者の自立する気持ちを促します。自分ひとりの時間を大切にしたいとき、ちょっとだけドアを閉ざしたとしても、交流したいときはドアを開く。そのような心配りが間取り設計にいかされるなら、きっと世代が違っても、複数の世帯であっても、つかず離れずの関係で暮らせると思います。
 そう考えれば、これからは家族の気配を感じつつ、適度な距離感を保つことができる優れた性能をもつ住まいが、これからの住まいのスタンダードになっていきます。

 最後に、高齢者の住まいで絶対外してならないことは、相続対策。
 2015年から、相続税の基礎控除が大幅に減額になります。東京では、相続税の納税者が3人に1人とも、4人に1人とも。
 ただし、二世帯住宅を建てることで、相続税の課税対象になることを避ける方法があるのです。
 詳しくは、またお話しましょう。

 ★毎週住まいに役立つ無料メールマガジンを配信中!「本当の住まいづくり入門~100人の達人に聞く」

 ★「新築建てたい」「リフォームしたい」「土地の購入・売却を検討」「家づくりお金について」「住宅ローンについて」「賃貸併用住宅など、収益のでる家を建てたい」「とにかく自宅の近くで安心できる業者を紹介してほしい」など住まいに関するお悩みを相談してみませんか? ご相談は随時受付中(ネクスト・アイズ株式会社)
  ■電話によるご相談(無料) →  0120-406-212 まで(水曜定休日)
  ■メールによるご相談(無料) →  info@nexteyes.co.jpまで(水曜定休日)

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。