無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 改めて「家相」~家相なんて本当にあるの?

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 改めて「家相」~家相なんて本当にあるの?

改めて「家相」~家相なんて本当にあるの?

 以前にもご紹介した私の家づくりの体験ですが・・・、住んでいたマンションが売れたら土地代の残金と家の建築費を支払うと言う、まるで綱渡りのような私の家づくりでした。しかも鉄筋コンクリートの家です。到底予算が間に合わないために、とりあえず鉄筋コンクリートで躯体(くたい=家の外殻)だけを造りそこに住む覚悟でした。
 読者の方には意外と思われるかも知れませんが、打ち放し、ならぬ“やりっ放し”の躯体だけなら鉄筋コンクリートの方が当時は割安となったのです。なぜなら屋根防水とサッシさえ取り付ければとりあえず雨風は凌げる家になるからです。問題は設備と内装工事ですが、取りあえず床だけを貼ってもらって住もうと言うものです。
今考えればまさに若さゆえのことでしたが、そんなことを家内や親たちは知るはずもなく、ただ「大丈夫?」と聞くだけでした。まさに「秀吉の一夜城」ではないのですがなせば成るのです! そんなことで、実際にはその後いろいろな援助もあり、大工さんもこちらの意欲に負けて(哀れんで?)くれてとことん協力してくれてコンクリートは順調に打ち込まれて夏の盛りには何とか外形ができて来たのです。

 そんな頃、家内が思わぬけがをしたのです。外傷もなく我慢強い人で、病院に担ぎ込んだときは意識がもうろうとするほど内出血がひどく、危うく一命を失いかねないほどの大けがだったのです。
ちょうど家づくりの途中でもあり、親たちが「家相」が悪いのではないか、などと言い出し「まさか!」と “新進気鋭”の建築家としては強がったものの、子どもたちを実家に預けて1人になると何となく気になり、知人の家相家に相談をしたのです。

 それまでも家相を気にされる建て主も多く、それに“対抗すべく”できるだけ多くの家相家と会い、東西の家相家の意見の違いなどを集めていたこともあり、わが家も一応の障りが無いように設計していて自信はあったのですが・・・、なるほどこうして身内が怪我をしたり、病気にでもなるとこうも人は弱気になるものかと、身を持って体験したものです。
 「イヤ、特にこれと言った障りはないですが・・・?」  と言われひとまず安心したものの、
 「この土地に古井戸か池はありませんか?」と尋ねられてぎょっとしたのです。
しかもこれが鬼門の方位にないかと言うのです。言われてみれば古い大きな家が建っていた土地の真ん中あたりが私の区分でした。
 「まさか…」

躯体のコンクリートが打ち上がりつつあるわが家
■わが家の躯体終了(天野彰)

 ★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

 天野彰・講談社+α新書『建築家が考える良い家相の住まい』

 *********************************************************

  ★天野彰先生の著書 先着5名様にプレゼント!
  『建築家が考える良い家相の住まい』(講談社+α新書)
  ご希望の方は下記の【お問合せ】よりどうぞ♪

  *********************************************************

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表