無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. ライフプラン
  4. 第9回:返済方法の選び方(元利均等返済と元金均等返済)

住宅関連記事・ノウハウ

ファイナンシャルプランナー 平野 直子 FPオフィス Life & Financial Clinic第9回:返済方法の選び方(元利均等返済と元金均等返済)

第9回:返済方法の選び方(元利均等返済と元金均等返済)

 住宅ローンの広告やHPを見ていると、優遇金利や金利のタイプ(固定金利型・変動金利型など)はとても目につきやすく記載されていますが、あまり目立たず(というか、よく探さないと分からないくらい)ひっそりと記載されている項目があります。それは、【返済方法】(元利均等返済/元金均等返済)です。

 ■元利均等返済

 元金と利息を合算して毎月一定の額を返済していく方法で、住宅ローンの一般的な返済方法です。毎回、返済額が変わらないので、返済計画は立てやすいです。けれども、返済開始の頃は、利息の返済割合が高く、元金の返済がなかなか進まないといったデメリットもあります。

 ■元金均等返済

 名前の通り、元金を均等に返済していく方法です。元金部分の返済に上乗せして金利の返済もあるため、当初の返済額は高めになりますが、返済が進むにつれて利息を含めた返済額は少なくなっていきます。また、元金部分の返済が早く進むため、トータルでみると利息は少なくてすみ、総返済額は元利均等返済よりも少なくなります。

 具体例で比較をしてみましょう。
 (例)借入額:3000万円、返済期間:35年、金利:2.0%、全期間固定金利型 の場合
  【元利均等返済】毎月の返済額:99,378円、利息総額:11,739,108円
  【元金均等返済】初回の返済額:121,428円、10年後(120回目)の返済額:107,142円、
            20年後(240回目)の返済額:92,857円、利息総額:10,524,999円
 この例では、元金均等返済の方が、利息総額が120万円ほど少なくなります。(*端数処理によって、実際の金額と異なる場合があります。)

 利息の総額を比較すると、元金均等返済の方がお得ではあるのですが、当初の返済額は高くなりますので、無理なく返済できるかどうか、よく検討する必要があります。
 弊オフィスに相談にいらっしゃる方で、比較的、元金均等返済を利用する傾向があるのは、
 「共働き夫婦で、2人が働けるうちに多めに返済し、教育費がかかる頃のローン負担を軽くしたいと考える方」
 「定年前にできる限り多く返済して、老後のローン負担を軽くしたいと考える方」などです。
 もちろん、「返済計画が立てやすいから」と元利均等返済を選ぶ方も多くいらっしゃいますので、ご自身のライフプランに合わせて、比較検討なさってください。
なお、フラット35は、元利均等返済も元金均等返済も取り扱っていますが、金融機関独自のローンによっては、元金均等返済を扱っていない場合があります。元金均等返済を検討している方は、必ず金融機関に確認なさることをお勧めします。

 ☆関連コラムもよろしければご覧ください。
   ●変動金利と固定金利、金利の決まり方
   ●頭金はいくらにする?
   ●家計に無理のない住宅資金とは?

 ■ご自身のライフプランに合わせて、返済計画をしっかり練りましょう!
元利均等返済と元利均等返済

 ★住まいの資金計画についてのご質問やご相談はこちらよりどうぞ ↓
  FPオフィス Life & Financial Clinic(LFC)(外部リンク) 担当:ファイナンシャルプランナー CFP(R) 平野直子

 ★ご家族構成やライフスタイルによって家づくりやリフォームはさまざまです。ファイナンシャルプランナーとして、
  あなたの人生の設計図(ライフプラン)をつくるお手伝いをさせていただきます!
  夫婦のお悩み、将来についての疑問・質問等お気軽にご相談ください♪
  お問合せはこちら
  ■電話 →  03-3231-6113 まで
  ■メールによるご相談(無料) →  info@mylifeplan.netまで

関連記事

ファイナンシャルプランナー 平野 直子ファイナンシャルプランナー 平野 直子

ファイナンシャルプランナー 
平野 直子
FPオフィス Life & Financial Clinic

こんにちは、ファイナンシャル・プランナーの平野直子と申します。
住まいを建てる際、まずは設計図を作ると思います。家づくりの基本となる設計図には、ご家族構成やライフスタイル、どのような暮らしをしたいのかなど、お客様の夢がぎっしり詰まっていることでしょう。
私たちファイナンシャル・プランナーが作る「ライフプラン」は、人生の設計図です。お客様とご家族の現状や、将来どのような暮らしをしたいのかなどを伺いながら、住宅資金、教育資金、老後の暮らし方など人生全体を見渡して、生涯貯蓄が尽きることなく安心して暮らせるためのアドバイスをいたします。ご夫婦で相談にいらっしゃるお客様には、私たちも夫婦FPで面談させていただきます。ご主人の立場、奥様の立場にたってアドバイスをすることができますので、大変好評をいただいております。どうぞお気軽にご相談ください。