無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. ライフプラン
  4. 金利にはどんな種類があるのか

住宅関連記事・ノウハウ

ファイナンシャルプランナー 藤田 明子 株式会社 スタイルシステム金利にはどんな種類があるのか

<金利にはどんな種類があるのか>

金利には大きく分けて3種類あります。
変動金利・固定選択型金利・超長期の固定金利です。

変動金利とは年に2回見直しがありますが、5年間は返済額が一定になり、元金と利息の内訳で調節されます。
また、5年後の見直しの際に金利がどれだけ上がっていても、前回の返済額の1.25倍以上は上がらないというメリットがあります。
ただし、金利が上がりすぎてしまうと未払いが発生するというデメリットもあるので、注意が必要です。
変動金利から固定選択型金利にはいつでも変更ができます。

固定選択型金利とは、借入期間の内のある一定期間の金利を固定するものになります。
選択した期間は、金利と返済額は一定になります。
期間終了後はまた好きな金利を選択できます。

超長期の固定金利とは、完済時までの金利と返済額が全期間一定のものになります。
安心感がある代わりに、他の金利に比べ若干高くなっています。

ファイナンシャルプランナー 藤田 明子ファイナンシャルプランナー 藤田 明子

ファイナンシャルプランナー 
藤田 明子
株式会社 スタイルシステム

はじめまして!ファイナンシャルプランナーの藤田明子です。
普段は住宅ローンの相談をメインに受けているのですが、「どこの銀行が一番いいですか?」とよく聞かれます。しかし一概に「ここの銀行がいいですよ!」とは答えられません。ここでも『ライフプラン』が大きく関わってくるのです。
ライフプランやそれぞれの考え方によって、その人に一番合った銀行や商品は異なります。収支に余裕がある年は繰上返済を行うなどして、期間を短縮することもできます。そうすることによって、当初は全期間固定を考えていた場合でも、もう少し金利の低い短期固定の方がメリットが多いということもあります。今は金融機関の数も多くなり、金利優遇も多様化しています。その中から自分に一番合った商品を探すのはとても困難です。私どもは客観的な立場からのアドバイス、また実行サポートまで行っておりますので、まずはお気軽にご相談下さい。