無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 注文住宅・家づくり
  4. マイホームの希望を実現する代表的プラン(高齢者と過ごす)

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社マイホームの希望を実現する代表的プラン(高齢者と過ごす)

マイホームの希望を実現する代表的プラン(高齢者と過ごす)

 今回は、『高齢者と過ごす』プランについて注意すべきポイントを書かせていただきます。

【希望:高齢者とともに過ごす】

 高齢者が暮らしやすい住まいにするには、いくつか配慮すべき点があります。

 ○段差をつくらない
  高齢になると、ほんのわずかの段差が最も危険です。
  廊下と居室、居室と居室の間の段差はできる限りなくしましょう。

 ○手すりの設置
  どうしても段差をつくる必要な玄関や階段には、必ず手すりを設置しましょう。
  手すりの高さは使うひとの足の付け根のあたりが基本になります。

 ○すべりにくい床材(浴室洗い場にも配慮)
  床材にはすべりにくい工夫がされたものを選びます。
  特に浴室の洗い場や洗面脱衣所は、滑りやすいのでより慎重に選びましょう。

 ○高齢者には引き戸をお勧め
  足腰が弱ったり車椅子の場合、開き戸では開閉の負担が大きくなります。
  引き戸であれば、そのような心配はありません。

 ○高齢者の居室は1階に
  高齢者の居室は1つのフロアで事足りるようにしましょう。
  洋室でベットにすると、本人や介護の負担も少なくなります。

 ○水廻りスペースにはゆとりをもって
  介護をうけるようになると、トイレや入浴などに介護者がつくようになります。
  1人分のスペースしか設けていないと、介護者に大きな負担がかかります。

 ○住宅内の温度差をなくす
  住宅内の温度差をなくすことは、最も重要なことです。
  たとえば、暖かい居室から寒いトイレや浴室に移動すると、
  温度差でダメージをうける『ヒートショック』を起こしやすくなります。
  住宅の断熱・気密性能を向上させることで、室内の温度差が少なくなります。
  温度差が大きなときは、場所ごとの暖房方法を考えましょう。

 ★毎週住まいに役立つ無料メールマガジンを配信中!「本当の住まいづくり入門~100人の達人に聞く」

 ★「新築建てたい」「リフォームしたい」「土地の購入・売却を検討」「家づくりお金について」「住宅ローンについて」「賃貸併用住宅など、収益のでる家を建てたい」「とにかく自宅の近くで安心できる業者を紹介してほしい」など住まいに関するお悩みを相談してみませんか? ご相談は随時受付中(ネクスト・アイズ株式会社)
  ■電話によるご相談(無料) →  0120-406-212 まで(水曜定休日)
  ■メールによるご相談(無料) →  info@nexteyes.co.jpまで(水曜定休日)

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。