無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 見積りの七不思議安く建てるための秘策 その1

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 見積りの七不思議安く建てるための秘策 その1

見積りの七不思議安く建てるための秘策 その1

 家づくりでの関心ごとはいかにしてリーズナブルな予算にするかです。確かに安く建てるためのテクニックはあるのです。
 そこでまず住まいのコストパーフォーマンスを考えてみますと・・・、なんと建築本体のコストは、設備やその他の住設などの付帯をすべて除いってみますと、基礎、土台、柱や梁、さらに屋根や外壁、そしてサッシなど家の躯体のコストは、なんと“建築総コストの2分の1にも満たない”ことが分かります。
すなわち仮に総コスト3,000万円の家があるとすれば、まずは雨風を凌げる家の躯体は半額の1,500万円以下でできるのです。まさしくこれはほんのこの間まで私たちが暮らしてきたあの電気もガスもないまきだけの家です。

 こうして考えると家のその他の見積もりがよく分かってくるのです。
例えて言えば私たちの衣服の着方を考えればいいのです。生身の人間そのものはあらゆる設備と機能を持っていますが、それらの最低限必要な機能(臓器や血管など)が活きて行くためにいかに大切なものか分かります。しかし家自身は動くことも成長もしませんましてや寒暖のための機能さえ持てばそれで成り立つのです。
まさしく断熱と風通しです。
昔の家を見てみますと土壁や屋根さらには建具などにこうしたことが工夫されていたことがよく分かります。

 今日の冷暖房をはじめとする電気設備、給排水配管、さらにはシステムキッチンやシステムバス加えて造り付けの収納家具、その他各種設備機器や豪華な内外装仕上げが加わるのです。これを思い切って一つずつ排除して見るのです。

 私は家の見積金額を査定するとき、このように何もかも含めた家の単価を考えないのです。家の“余分な部分”を一切取り除いた肝心の躯体だけのコストをチェックしそれで施工業者を選択するのです。そこにトイレ・バスなど必要最低限の一般設備を考えあとはキッチンとをチェックするのです。内外の仕上げや給湯や冷暖房などの付加仕様などは後の後です。
 するとここであることに気が付きます。その一つが間仕切りです。この間仕切りがあるために壁の面積が増えさらにはドアや照明などが増え風通しも悪くなるのです。

 そうです!安く建てれるならまず間仕切りの無い家にすればいいのです。かぞく一緒に仲良く住めばいいのです。
 このコラムに何度も登場する白川郷の合掌造り、さらには江戸の裏長屋です。これは最小限のスペースでさらに安くなります。
 さてこれで現実の家の予算を立て、見積もりを見るのです。

合掌造りの箱根山荘
 ■写真左:合掌造りの箱根山荘外観    ■写真右:合掌造りの屋根上層部(天野彰)

9尺2間の江戸の裏長屋
 ■写真:江戸の裏長屋の家族の図(画:天野彰)

 ★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表