無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. ライフプラン
  4. 借りたい金額でなく、返せる金額を基本とした資金計画

住宅関連記事・ノウハウ

ファイナンシャルプランナー 宍戸 一晴 ネクスト・アイズ株式会社借りたい金額でなく、返せる金額を基本とした資金計画

<“借りたい金額”でなく、“返せる金額”を基本とした資金計画>

マイホームの購入を検討するとき、自己資金ですべて賄える人は少ないでしょう。多くの場合は住宅ローンを組むことになります。一般には『購入に必要な資金』から『自己資金』を引いた額が『ローン借り入れ希望金額』となります。

さて、ここで『購入に必要な資金』ですが、特に戸建て新築の場合、みなさんは展示場に足を運び、目の前に立つ素敵なモデルハウスを見てしまうと、ついつい夢が膨らみ、それにあわせて、予算も膨らみがちになります。
勿論住宅ローンはいくらでも借りれるというわけではなく、『借りたい金額』=『借入可能金額』とはなりませんが、ここで大事なことは、実は『借りたい金額』=『返せる金額』かどうかの検討です。
住宅ローンの返済は基本的に数十年と長期に渡る返済です。
「何とかなるだろう」、「何とかなるわよ」で安易にローンを組んだあげくに
 ・子供の教育費がかさみ、住宅ローンが払えなくなった。
 ・共稼ぎでの返済計画が、配偶者の失職で破綻した。
 ・返済の金利が急に上がり、返済額が増えて返せなくなった。
などと言う事態を招くことの無いよう、家庭の将来の資金計画(収入と支出の把握)の中にローンの返済計画をきちんと組み込んで、尤も支出のかさむ時期にでも返済が可能な借入額に抑えることが大変重要となります。

つまり、住宅ローンの選択に当たっては、なによりもまず、家庭の将来の資金計画(マネープランひいてはライフプラン)を建てることが必要であるということです。

ファイナンシャルプランナー 宍戸 一晴ファイナンシャルプランナー 宍戸 一晴

ファイナンシャルプランナー 
宍戸 一晴
ネクスト・アイズ株式会社

ファイナンシャルプランナーの宍戸一晴です。
長年、ファイナンシャルプランナー(FP)の資格を持った方の独立支援のお手伝いをしてまいりました。
独立FPの理念は、売り手すなわち商品の販売者の立場ではなく、お客様の立場で、お客様と一緒にその方の資産のトータルマネジメントにあたることです。ファイナンシャルプランニングを通じたマネーマネージメントは、不確実な先の見えない時代にこそ、いよいよ必要とされています。家づくりにおいても、資金計画ははじめの第一歩、家づくりで後悔しないためには、その第一歩こそが重要です。賢い家づくりのための賢い資金計画、一緒に始めませんか。