無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 最善の《建て時》・《直し時》たっぷり時間をかけましょう!

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社最善の《建て時》・《直し時》たっぷり時間をかけましょう!

最善の《建て時》・《直し時》たっぷり時間をかけましょう!

 新たな年を迎え、ご計画中のみなさまにとりご多幸がありますようお祈りしております。
 さて、2015年に家づくり、リフォーム、リノベーションをご計画のみなさま。
今年の家づくり、リフォーム、リノベーション傾向について、かんたんにまとめます。

 今年も家づくり・リフォーム・リノベーションにあたってのプラス要因が揃っていることから、今年は近年にない《建て時》《直し時》です。

 以下、《建て時》《直し時》要因を整理してみましょう。
  ○2015年も低金利が継続するうえ、さまざまな金利優遇策が打ち出されます。
   たとえば、省エネ性能が高い住宅を対象とした『フラット35S』の金利優遇幅については、
   現行の0.3%優遇幅を0.6%程度までの拡大を検討しているなど、住宅ローンの
   【実質ゼロ金利政策】ともいえる状況になります。

  ○住宅エコポイント制度の復活など、家づくり・リフォーム・リノベーション支援策が充実します。

  ○地方を中心に、職人不足による工事価格の上昇が落ち着いていきます。

  ○アベノミクスが継続されることから、景気の急減速は想定しにくいと考えられます。

 これら、4つの要因は家を建てる・直す側、および、家を建てる・売る側にとっても、追い風の条件になります。
 一方、気になる要件もあります。

  ○円安の継続などにより、資材価格の上昇がいままで以上に厳しくなります。

  ○2017年4月の消費税増税はほぼ確実ですが、家づくりやリノベーションは、検討をはじめてから入居まで、
   およそ1~2年程度の長期間の取り組み。つまり、2015年の早いうちに計画をスタート
   させておかないと、消費税の再増税には間に合わなくなってしまいます。

  ○地方部は地価の下落が続く一方、東京と名古屋では地価上昇が続きます。

 つまり、《建て時》《直し時》をきっちり抑えながら、家に時間とお金をたっぷりかけ、自分にとって最善の計画を、いろいろな優遇措置を組み合わせて進めるほうが、《明日の豊かな住まいと暮らし》につながります。

 ★専門家による家づくり・リフォーム・住宅ローンなどの無料電話・メール相談(ネクスト・アイズ株式会社)
  》受付時間:毎週水曜日を除く午前10時~午後6時
  》ご相談電話:フリーダイヤル 0120-406-212
  》ご相談メール:こちら

 ★施工会社選定から面談時の注意点などあなたが理想の住まいを手に入れるお手伝いをいたします!
  ハウス仲人~お家らくらく紹介サービスはこちらまで(水曜定休日)

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。