無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. これからは「家」ではなく「わが身の住み処」として専門家に相談~間取りから場取りへ1

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 これからは「家」ではなく「わが身の住み処」として専門家に相談~間取りから場取りへ1

これからは「家」ではなく「わが身の住み処」として専門家に相談~間取りから場取りへ1

 さあ、今の閉塞された間取りのすべての壁、そう間仕切りを取って空けて、不要なモノをすべて追い出して、改めてわが家を見てみましょう。するとなんとわが家の広いこと!
 そうです。住まいのリフォームとはこの体験と感動を得られるのです。なぜなら否が応でもこうしたものをすべて片付けて始末して多くの壁を取り払うことから始めるからです。

 これが建て替えともなるとまさしく家そのものがリセットされ、わが家族の生活も一から始めることとなり、まったく新たな人生が見えてくるほどなのです。信じられないかもしれないのですが、家を直す。家をつくると言うことは大手術のように大変なことのですが、まさしく家族全員の人世にとってもこれほど効果的なことなのです。
 しかしそうは言えども何とも不安で重い腰を上げることは大変です。私はそんなとき・・・、
  「いや。もし今家が丸焼けになったと仮定するのです」
 突然の私の例えにぎょっとし、キョトンとする建て主にさらに・・・、
  「そう仮定したとき、どれとどれを持って逃げたかったと思います?」
 と、畳み掛けるのです。するとこの失礼で“極端な仮想思考”ながら、なんと、ほとんどの建て主が、何を持って逃げようとは言わないまでも、なにかすっと心が晴れたような表情となり、さらにきっと目を見開いて、「よしやろうっ!」となるのです。

 なるほど家をやり直そうと言うことはまるで大手術のように、それほど大きな決断と、確かな補償のようなもの?が必要となるのでしょう。
 私ども建築家はそんな心の支えと言うか、ある意味で“厳しい客観的な意見”を言う役目を感じるのです。もちろん責任ある専門家で、しかも経験も多く費用的な確信もあるわけですから、「その決断」におおいに保障となるはずです。
 もしこうしたことに迷い確信が持てないときは医師を尋ねるように、迷わず建築家が開く設計事務所に相談され、果たしてどんなことができて幾らぐらいの費用が掛かるかを尋ねることが重要です。
反対に建築家はこうした住まい手や建て主の不安を理解し、支え、国家資格者としての技能とその職能に責任を持って、親身に相談に乗って差し上げることが大切なのです。

実例、木造ながら外は甲羅K様邸
■外壁に窓のないK様邸(天野彰設計)

 さあ、これで安心。 思い切ってこれからの人生の「わが家族わが身の住み処」をつくりましょう。
 おりしも20年前となる今日1月17日、あの阪神大震災が起こりました。ちょっとした耐震の補強工事で助かった家も多いのです。安心の「わが身の住み処」は簡単にできるのです。
 20年前に涙ながらに綴った拙著『地震に勝つ家負ける家』を愛読者の方、抽選にて5名様にお贈りいたします。
 どうぞ著者のHPにてご応募ください。

 ★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

 天野彰著書 『地震に勝つ家負ける家』

 *********************************************************

  ★天野彰先生著書 抽選で5名様にプレゼント!
  『地震に勝つ家負ける家』(山海堂出版)
  お申し込みは下記の【お問合せ】でも承っております♪

  *********************************************************

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表