無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 子育ての「場」を考えると広くなる?!~間取りから場取りへ5

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 子育ての「場」を考えると広くなる?!~間取りから場取りへ5

子育ての「場」を考えると広くなる?!~間取りから場取りへ5

 狭いわが家を広くしたい。 今の2LDKから3LDKに移りたい。もう一部屋を増築したい! 子どもが増えて成長し、部屋を要求するようになると急に今の家が狭くなり、狭苦しくなってしまいます。
 「狭い」の反対は「広い」ですが、「狭苦しい」の反対は?と問うと、ほとんどの人は「うんと広い」とか「だだっ広い」などと答えます。しかしそれは理想か願望に過ぎず、利便性のある都市の住まいは、しょせん高くて狭いのです。「狭苦しい」家は、狭さは変わらずとも「苦」さえ取れば「楽」になり、さらに「楽しく」するのです。まさに「狭苦しい」の反対は「狭“楽”しい」のです。

 こうして狭苦しい家を見ますと、どうも子ども部屋が原因のようです。2LDKの2部屋の6畳を1人の子どもが堂々と使っていることが多く、大の大人の夫婦は2人で6畳1間と狭苦しくなるのです。これは不公平です。さっそく子ども部屋の半分をタンスなど家具で仕切って3畳ほどの広さにし、残りの3畳を納戸としてしまうのです。

2LDKを3LDKに6畳を納戸と子ども操縦席
■イラスト1:タンスで仕切った子ども部屋と納戸(画:天野彰)

 子どものコーナーは、ベッドと机だけのまるでコクピットのようなコンパクトなものになり、当の子どもはご機嫌です。一方の“納戸”は仕切りのタンスはもとより衣類や掃除機や新聞雑誌など、まさにウォークインクロゼットとなり、狭苦しかったLDKも寝室もすっきり広くなります。

6畳を2人の子ども部屋に
■イラスト2:6畳を2段ベッドで二人の子ども部屋に(画:天野彰)

 また2人の子どもには、イラストのように6畳の真ん中に2段ベッドを置いて立体的に互い違いに仕切る2つの子どもコーナーにするのです。
 費用をかけて増築したり、倍もする家賃のアパートやマンションに引っ越して広くしても子どもたちはあっと言う間に成長し、10年そこそこで家から出て行ってしまいます。今そんな“抜け殻の様な広い家”に二人だけで住む老夫婦が増えているのです。
これでは「狭苦しい」どころか「広苦しい」のです。いずれ彼らが成長して出て行ったときは、仕切りのタンスやベッドを取り払い元の6畳に戻して夫婦の部屋にするのです。これで増築や住み替えをすることなく、老後の家が「広苦しく」もならないのです。

 ★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表