無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 地震に勝つ家負ける家(1)-ハードとソフト-

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 地震に勝つ家負ける家(1)-ハードとソフト-

地震に勝つ家負ける家(1)-ハードとソフト-

 このコラムも100回になるそうです。ここで改めまして「地震に勝つ家」を考えてみたいと思います。

 今から20年前の阪神淡路大地震では、直下型の激しい揺れで建物の倒壊により圧死され、瓦礫や家具に挟まれて逃げ遅れて火災に巻き込まれた多くの老人たちが犠牲になりました。
 その後の東日本大震災では海洋型の広域な揺れと、大津波によって2万もの人が犠牲となり、その多くが傷ましくも溺れて命が亡くされと思われるのです。中でも家族の安否や救出に行って、避難が間にあわずに津波に巻込まれた人も多いと言うのです。

 しかしこの二つの地震は今後の地震対策により多くの問題点とヒントも示唆してもいるのです。普段からの耐震強化はもとより、収納家具は床から天井までの造り付けにしたり、食器などが飛び出さないように扉を引き戸にするなどやストッパー付きにし、冷蔵庫などの家電も下のクッションや手前を少し高くするなど、いざと言うときの避難経路を確保するなどの家族のシュミレーションが重要です。
 これによってハードとソフトの両面からの防災の意識が高揚します。何よりも家族がいざと言うときの共通の取り決めを持つこと、すなわち絆を深めることともなるのです。

天井までの造り付けで扉はホワイトボード 私の事務所
<写真1:天井までの造り付けで扉はホワイトボード 私の事務所>

 実は私たちはもともとこうした大災害の体験を幾度となくしているのです。各地の津波の災害の傷跡はもとより。あの1923年(大正12)9月1日の午前11時58分、マグニチュード7.9の関東大震災は、家屋の全半壊25万、焼失44万戸以上、津波による流失868戸、そして死傷者20万人以上行方不明者4万人以上。特に被害を大きくした類焼火災で、その後の防火強化では目覚ましくだいぶ安全となったのです。

 そしてこの大災害を忘れないようにと、1960年(昭和35)に全国防災の日が9月1日に制定されたのです。しかし国民の防災の意識は低く、毎年その関心が薄れて行き、その後も新潟、宮城沖地震、中越地震、さらには福岡、そして阪神・淡路地震と続いても、相変わらず“対岸の火事”?で、防災の心構えは低いように思えて仕方ありません。そしてこの東日本大地震でした。耐震耐火さらに避難ルートの重要性を思い知らされたのです。

お神楽普請の家の2階の崩落(阪神・淡路地震
<写真2:お神楽普請の家の2階の崩落(阪神・淡路地震)>

 こうして「地震に勝つ」ことはまさしく「生き残るソフト」とも言えるのです。その一例として、夜間の地震にパニックにならないために懐中電灯はペンライトのような小さなものをたくさん家じゅうにばら蒔くように、電池を外して粘着テープで留めて置くなどです。
 さらに高齢者や寝たきりや認知症などの患者の居場所で、車で避難するための優先ルールづくり、さらに高台避難と子どもたちの避難ルートと安否情報のシステムなど、つまりは普段からの“声掛け”の充実です。

★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表