無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. どんな家がこれからの家となるのか?(1)

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 どんな家がこれからの家となるのか?(1)

どんな家がこれからの家となるのか?(1)


「デザイナーズとか、なんとかハウスにうんざり」

 最近、こんな声をよく耳にします。IT時代のハイテク住宅だとか太陽光利用で再生エネルギーハウスなどと耳触りのよい歌い文句の家が多くなりました。ひと頃、老いの暮らしをイメージして、二世帯住宅だ、多世帯住宅さらにはバリアフリーの家とか、健康住宅。省エネルギー対策では、高気密高断熱の家、24時間住宅だ、さらには地震に対して制震構造だ、免震住宅などと流行りましたが。今、
「本当にいい家とはいったい何でしょう?」
「木の住まいや漆喰の家が本当にどういいのでしょう?」
果ては
「デザインナーズハウスっていったい何?」などの疑問も多くなりました。なるほど、上辺や売り文句に飾られ過ぎた家のスタイルが多くなっているのです。

 実はこうした住まいが世に氾濫するようになったのは高度成長期に生まれたベニヤ板のプレハブ住宅や2X4すなわちツーバイフォー等の出現に端を発していて、住まいがモノ化や商品化となったことからです。
 よく考えてみますとこれらのすべてのニーズはメーカー側のものばかりで安く早く、そしてよく見せ、さらに商品管理もしやすいことによるのです。従って本当に住まいやすい家とはなにか?については疎かになっているのかも知れません。

 このコラムで何度もお話している今まで生まれ育ってきた自然住宅と自然な暮らしについて改めて考えてみたいものです。
 今私はこうした住まいをリフォームの際も極力自然な住まいに戻そうと努力しているのです。まさに光と風の通る家にするのです。

イラスト:京都の中庭の町家の平面図(画:筆者
<イラスト:京都の中庭の町家の平面図(画:筆者)>

 今私は東京の羽村の取水口から四谷の大木戸まで延々43キロにもおよぶ人工の水道川とその水系全体を世界文化遺産にしようと活動しているのです。その真意は玉川上水をみんなが着目し整備されて都市全体に風が通ること目的なのです。しかも震災などいざと言う時に飲み水としてさらには消火のための防災にも役立つからです。

イラスト:東京の風の道イメージ
<イラスト:東京の風の道イメージ>

 この世界遺産フォーラムをこの5月26日PM2時から六本木ヒルズのハリウッドプラザ5階ホールにて開催します。入場は無料ですので皆さんぜひご来場ください。また前日25日PM5時からNHKラジオにてもお話しします。

「玉川上水世界遺産forumプログラム」はこちらからダウンロードできます(739-forum.pdf)

★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表