無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 完成後の万が一に備える、瑕疵担保責任保険

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社完成後の万が一に備える、瑕疵担保責任保険

完成後の万が一に備える、瑕疵担保責任保険

今回は、完成後のマイホームを守る保証・保険制度制度のなかで、新築住宅は
義務化、リフォームは任意とはいえ、加入を検討している方が増えている
『瑕疵担保責任保険』について解説しましょう。


住宅の欠陥は、内覧会や竣工検査の際など、住宅ができあがったばかりの頃は
判別することが難しく、実際に住みはじめてから、雨漏りやシロアリによる
被害など重大な欠陥に気づく場合がほとんどです。

こうした欠陥を法律用語では、瑕疵(かし)と表現します。
住宅の場合、施工ミスや手抜き工事などが原因で、常識的な機能が伴って
いなかったり、契約通りに工事が行われてしなかった場合に使われます。


このような瑕疵が見つかった場合、法律では売主側がその責任を負う
「瑕疵担保責任」を定めており、この瑕疵担保責任に基づく保証制度として
つくられたのが、『住宅瑕疵担保責任保険』です。

この保険は、工事期間中に所定の現場検査を行った上で、引き渡しから
10年間、瑕疵があった場合の補修費用や建築会社が倒産などで瑕疵の補修が
できなくなった場合の損害分を保険でカバーする制度です。

新築住宅については、すべての建築業者にこの保険の加入または、保証金の
供託が義務づけられています。


瑕疵担保責任保険が適用されるケースは、主に以下のような内容です。
物件の瑕疵、ならびに法的な制限・制度の瑕疵があります。


 《物件の瑕疵》

 □地盤が軟弱な状態のまま家を建てた

 □雨漏りやシロアリによる被害

 □ほかの敷地で使うガス管や水道管が、自分の敷地内を通っている

 □敷地に危険物が埋まっている

 □造成地の擁壁が崩れかけていたり、大きなヒビが入っている

 □ガス漏れや水漏れ、セントラルヒーティングなどの配管に欠陥がある


 《法的な制限・制度の瑕疵》

 □予定の建物が建てられると言われていたのに、利用制限のある土地で、
  予定の建物を建てることができなくなった。

 □敷地の一部に、他人の借地権や地役権がある
  ※地役権:他人の土地を自分の土地の利便性のために利用する権利



次回は、瑕疵担保責任保険で、あらかじめ注意しなければならない点を解説いたします。

 ★「新築建てたい」「リフォームしたい」「土地の購入・売却を検討」「家づくりお金について」「住宅ローンについて」「賃貸併用住宅など、収益のでる家を建てたい」「とにかく自宅の近くで安心できる業者を紹介してほしい」など住まいに関するお悩みを相談してみませんか? ご相談は随時受付中(ネクスト・アイズ株式会社)
  ■電話によるご相談(無料) →  0120-406-212 まで(水曜定休日)
  ■メールによるご相談(無料) →  info@nexteyes.co.jpまで(水曜定休日)

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。