無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. どんな家がこれからの家となるのか?(5)

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 どんな家がこれからの家となるのか?(5)

どんな家がこれからの家となるのか?(5)


― これからの家は“トゥモローランド”にあるのだろうか?―

 住まいの本音とその原点をいろいろと考えてみますと、なるほどわが国固有の住まいのカタチはすでに伝統的な過去のものとなり、自然環境との適合から生まれた「傘の家」すなわち「屋根の家」の本質はそのフレーム構造を模しただけの一つのデザインフォームとなり、さらに室内、すなわちインフィルはインテリアの趣向の一つとしての「和」のスタイルとなっているのです。

 まさしくそれは前回にも示した “寅さん八っつぁん”の江戸の裏長屋に見る時代の舞台感覚か、料亭や店舗デザインのフォーマットとなり、その空間の本質はすでに西欧の対自然の「壁の家」となっているのです。

 まさにわが国の「傘の家」に西欧風を取り入れながら、ついには根本から解体して、今の家が主流となったのです。それがわが国の近代化であり技術革新なのです。そしてある日「傘の家」は突然ベニヤ板製の「壁の家」となり一気に世界でも例のない工場で量産化され、さらに世界一のシャワートイレ付きの家となったのです。半世紀にも満たないたった3,40年の間のことです。

 こうして今のわが住まいの変遷を見つめると、それらが存在する周りの環境はすでに世界一となった自動車産業はもとより鉄道、さらには土木建築技術の進化にて、都市そのものも、無国籍の世界のどこにでもある新興都市の様相となり、東京などの湾岸地域は砂漠の真ん中に登場する人口的で脆弱な映画“トゥモローランド”の様相を示しているのです。しかしこのことを誰もが追従しているかのようであり、その流れを止めようとする兆しもないことが気がかりです。

映画:「トゥモローランド」の背景の都市のイラスト(カタログより)
<映画:「トゥモローランド」の背景の都市のイラスト(カタログより)>

 しかし一方ですでに居住環境は確実に劣化し、各地で異常気象も多発し、これからの家は「居住存続の本質」を確実に求めるものでなければいけないと思うのです。
 密集した都市に住む以上はある程度の壁は必要で、高層化もやむなしですが、肝心の「壁の家」の住まい方と文化に慣れていないと言うことが実情で、そこに、唯一“裸足で住む”私たちとのアンバランスと違和感が生まれているのです。

 高層マンションもまたしかりで、超高速のエレベーター開発や超高層のための耐震に目を奪われ、本来の火災や停電時の住人個々の安全がおざなりとなり、ちょっとした地震でも多くの人が閉じこめられ、高潮や液状化によって陸の孤島となり、高層階のわが家へ戻ることすら困難となるのです。ちょっと考えればわかるようなことが判断されない世の中となっているのです。

 私はわが家を持つことになって初めてそんなことに気づき、今までの気の遠くなるほどの長年に渡って培われた生活体験から生まれた「傘の家」の原点に戻ることに気付いたのです。

 その家づくりの体験と戸惑いを「居住のソフトウェア」(講談社現代新書)なる本に著し、そこで大胆にも「居住の経済学」「居住の物理学」さらには「居住の心理学」そして「居住の生理学」などとあえて4つのジャンルに分けてそのソフトウェア(らしき)提案をしたのです。なんてことはありません。そんな学術書ではなく、日常の生活さらには家づくりにおいての実際の体験談や感想を集大成したものでした。

 今や絶版となっていますが、ご希望の方には5冊ほど謹呈させて頂きたいと思います。
 私のホームページにてご応募いただきたいと思います。

 ★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

 天野彰・著書「居住のソフトウェア」表紙

 *********************************************************

  ★天野彰先生の著書 先着5名様にプレゼント!
  『居住のソフトウェア』(講談社現代新書)
  お申し込みは下記、著者のホームページよりどうぞ♪

  Akira Amano Official website

  *********************************************************

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表