無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 住宅性能表示制度で購入前に住宅品質をチェック

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社住宅性能表示制度で購入前に住宅品質をチェック

住宅性能表示制度で購入前に住宅品質をチェック

新築を購入するよりも、中古の住宅を購入してから、自分の好みに合わせて住宅をリフォーム。

そんなあたらしい暮らしを始める方々が増えています。

良い物を長く使うというエコ精神の浸透をはじめ、中古住宅は新築住宅とは違った魅力がたくさんあります。

例)□新築よりも安価で入手できる値頃感
  □場所を自由に選ぶことができる
  □生活スタイルに合わせてリフォームして住める   等


ただし、中古住宅を購入してリフォームをするにあたっては、新築住宅とは
異なる購入前の検討ポイントがあります。

それは、間取りの変更のしやすさ、住みたい土地やライフスタイルにあって
いるかどうか、中古住宅の購入費用とリフォーム費用や諸経費を含めた
総予算についての確認と検討です。

そして最も重要なのは、その中古住宅の品質を購入前にしっかりと確認することです。


では、客観的に中古住宅の品質を確認する方法はあるのでしょうか?

購入前に、信頼がおける中古住宅の品質を確認する制度として、
第三者のプロの目でその住宅を評価、中古住宅の品質を見極める
【住宅性能表示制度】という国が定めた制度があります。

この【住宅性能表示制度】に基づく検査を受け、その評価として、
「住宅性能評価書」を取得した住宅は、国が定めた基準をクリアした、
安全な住宅といえます。


【住宅性能表示制度】とは、平成12年4月1日に施行された「住宅の品質確保
の促進等に関する法律(以下「品確法」という。)」に基づく制度です。
この法律に基づき、国から指定をうけた第三者機関が住宅を調査し評価します。

調査を依頼すると、新築住宅では、住宅の設計について評価する
「設計住宅性能評価書」と、建築現場を調査して災害時の安全性や良好な
環境性を評価する「建設住宅性能評価書」が交付されます。

中古住宅では、国から指定をうけた第三者機関が、実際の住宅をくまなく
検査し、その検査結果は「建設住宅性能評価書」として交付されます。



なお、【住宅性能表示制度】は任意の制度です。
建売住宅やマンションの場合は建築業者、注文住宅の場合は建築主(施主)が
10万円程度の費用を支払い、設計図書の評価や現場検査を受けます。
料金は住宅の構造・階数などによって変わります。

完成済みマンションや建売住宅、中古住宅を購入するときは、
この【住宅性能表示制度】による客観的な評価を受けているかどうか確認しましょう。

もし、【住宅性能表示制度】による客観的な評価を受けていない住宅のようであれば、
できれば購入を見合わせたほうが無難でしょう。

 ★「新築建てたい」「リフォームしたい」「土地の購入・売却を検討」「家づくりお金について」「住宅ローンについて」「賃貸併用住宅など、収益のでる家を建てたい」「とにかく自宅の近くで安心できる業者を紹介してほしい」など住まいに関するお悩みを相談してみませんか? ご相談は随時受付中(ネクスト・アイズ株式会社)
  ■電話によるご相談(無料) →  0120-406-212 まで(水曜定休日)
  ■メールによるご相談(無料) →  info@nexteyes.co.jpまで(水曜定休日)

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。