無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 【住宅性能表示制度】で評価された住宅に、万が一のトラブルが発生したら・・・

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社【住宅性能表示制度】で評価された住宅に、万が一のトラブルが発生したら・・・

【住宅性能表示制度】で評価された住宅に、万が一のトラブルが発生したら・・・

今回は、【住宅性能表示制度】で評価された住宅(建設住宅性能評価書が交付された住宅)に、
万が一のトラブルが発生したときの対応を解説しましょう。

住宅性能表示を受けた住宅は、買主と売主(施工業者など)との間に、
工事に関する紛争、または契約内容に関する紛争が発生した場合、
指定住宅紛争処理機関(各地の弁護士会)が、手数料1万円で紛争処理を行います。


以下、紛争処理のおおまかな流れについて解説しましょう。

 1.買主と売主それぞれが、【住宅紛争処理支援センター】に相談します。

 2.買主と売主それぞれが、指定住宅紛争処理機関に申請。

 3.【住宅紛争処理支援センター】が、指定住宅紛争処理機関に、
   紛争処理のための情報提供を行ないます。

 4.登録住宅性能評価機関(第三者機関)も、【住宅紛争処理支援センター】を
   通じて指定住宅紛争処理機関に、紛争処理のための情報提供を行ないます。

 5.指定住宅紛争処理機関が、紛争の解決(処理)を行ないます。

 なお、【住宅紛争処理支援センター】とは、紛争処理の業務支援、買主の利益保護など、
 住宅にかかわる紛争の解決をはかることを目的として、国に指定されている財団法人です。

 住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)第78条に基づく「住宅紛争処理支援センター」として、
 国土交通大臣から「公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター」が指定されています。


前回、住宅性能表示制度を上手に活用すると、住宅の性能があきらかになるメリットがあることを
解説しましたが、メリットはそれだけではありません。

住宅性能表示制度を活用することで、現在お住まいの住宅の客観的な評価が得られることから、
万が一のトラブル発生にも、しっかり対応できる制度が法で定められているのです。


住宅性能表示制度の活用には所定の手数料がかかりますが、
客観的な評価が住宅性能評価機関に記録されるメリットを考えれば、
決して高い手数料ではありません。

 ★「新築建てたい」「リフォームしたい」「土地の購入・売却を検討」「家づくりお金について」「住宅ローンについて」「賃貸併用住宅など、収益のでる家を建てたい」「とにかく自宅の近くで安心できる業者を紹介してほしい」など住まいに関するお悩みを相談してみませんか? ご相談は随時受付中(ネクスト・アイズ株式会社)
  ■電話によるご相談(無料) →  0120-406-212 まで(水曜定休日)
  ■メールによるご相談(無料) →  info@nexteyes.co.jpまで(水曜定休日)

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。