無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 不動産(土地・建物)の取引にあたり、怠ってはいけない『重要事項説明』の聞き方 

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社不動産(土地・建物)の取引にあたり、怠ってはいけない『重要事項説明』の聞き方 

不動産(土地・建物)の取引にあたり、怠ってはいけない『重要事項説明』の聞き方

今回は、不動産(土地・建物)の取引にあたり、決して怠ってはいけない
『重要事項の説明』の聞き方について、その心構えを解説します。

自宅などの建て替え以外のマイホームの購入にあたっては、ほとんど
不動産(土地・建物)の取引が前提になります。
不動産の取引にあたり、宅建業法で業者が買主に対し『重要事項の説明』を
行なうことが義務づけられています。

『重要事項の説明』とは、買主が売買契約の意思決定をするにあたり、
重大な影響を与える事柄・内容についてその説明を義務づけたものです。
この《重大な影響》については、購入予定の不動産における現在の状況だけではなく、
将来に影響することについても説明をしなければなりません。

説明にあたっては、「重要事項説明書」という書面を前に、宅地建物取引士が
口頭でその内容を説明します。説明前に資格証の提示が義務づけられているので、
説明前には必ず資格証を確認しましょう。


●『重要事項の説明』前に、予習が大事

 『重要事項の説明』前に、「重要事項説明書」はできあがっています。よって、
 事前に「重要事項説明書」のコピーを郵送などで取り寄せておきましょう。

 まず、自分自身で「重要事項説明書」を何度も読み、意味がわからないところは
 あらかじめメモしておきます。買主が『重要事項の説明』を理解できているか確かめながら、
 ていねいに説明してくれる方もいますが、「重要事項説明書」を棒読みするだけの方もいます。

 確実に理解できるよう 『重要事項の説明』の予習は不可欠です。

 ほかにも、以下の書類を事前に入手しておきましょう。
 以下、プリントアウトして、チェックリスト代わりに使いましょう。


 《『重要事項説明』前に、入手しておきたい書類リスト》
   ※取引内容によって、該当しない書類もあります

   □ 重要事項説明書
   □ 不動産売買契約書
   □ 補足説明資料・覚書など
   □ 建築確認通知書・検査済証
   □ 実測図・建築図面・建築協定書など
   □ 付帯設備表
   □ 物件状況報告書
   □ 自治会規約など
   □ 建物建築工事請負契約書

  (マンション契約の場合、以下の書類も入手しましょう)

   □ 管理規約・使用細則
   □ 管理委託契約書業務の明細
   □ 管理収支の概要(中古の場合)
   □ 長期修繕計画案
   □ 長期修繕実施報告(中古の場合)


● 最後までしっかり説明を聞く

 『重要事項の説明』は1時間以上かかることもまれではありません。
 事前に整理した疑問点はもちろん、説明を聞いて新たに出てきた疑問も
 すべて解決させる心構えでいることが大切です。

 『重要事項の説明』の最中でも、宅地建物取引士に遠慮なく質問して
 解決しましょう。専門用語の羅列で混乱してしまうこともありますが、
 自分のこれからの住まいで大切なことです。しっかり最後まで説明を聞いて、
 納得いくまで疑問を解決してしまいましょう。


● その場でサインしなくても大丈夫

 ひととおり『重要事項の説明』が済むと、『説明を受けました』という
 サインを求められます。サインした段階で、『重要事項の説明』を聞いて
 『買主がすべての説明を了解して承認した』ものとみなされます。

 『重要事項』の内容がわからない、疑問が残っている、納得できない場合は、
 納得できるまで質問。その場で解決できそうになければ、日を改めて
 サインするぐらいの心持ちが必要です。


次回以降、何回かに分けて、自分でできる『重要事項の説明』の
チェックポイントを解説します。

 ★「新築建てたい」「リフォームしたい」「土地の購入・売却を検討」「家づくりお金について」「住宅ローンについて」「賃貸併用住宅など、収益のでる家を建てたい」「とにかく自宅の近くで安心できる業者を紹介してほしい」など住まいに関するお悩みを相談してみませんか? ご相談は随時受付中(ネクスト・アイズ株式会社)
  ■電話によるご相談(無料) →  0120-406-212 まで(水曜定休日)
  ■メールによるご相談(無料) →  info@nexteyes.co.jpまで(水曜定休日)

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。