無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 自分でできる『重要事項の説明』のチェックポイント(2)《物件について(2)》

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社自分でできる『重要事項の説明』のチェックポイント(2)《物件について(2)》

自分でできる『重要事項の説明』のチェックポイント(2)《物件について(2)》

今回は、不動産(土地・建物)の取引にあたって
自分でできる『重要事項説明』のチェックポイント。

前回に引き続き『物件について』を解説します。


【重要事項説明のチェックポイント(2)《物件について(2)》】

 □《住宅性能評価》について

   購入する建物が、住宅性能評価書をうけているか確認しましょう。

   任意の制度ですが、住宅性能評価書をうけていない完成済みの
   マンションや建売住宅は購入を見合わせたほうが無難です。


 □《瑕疵保険》について

   入居後に住宅の欠陥が見つかった場合、売主が責任を持って無償で
   修理するべきところですが、売主の倒産などで保証できない事例も
   たくさんあります。

   そこで、売主が倒産しても買主の権利が守られるよう、売主は
   住宅瑕疵担保責任保険(瑕疵保険)への加入が義務づけられています。

   この制度は平成20年4月に施行され、平成21年10月以降の引き渡し分
   から適用になっていますので、平成21年10月以降に引き渡された
   戸建住宅については、住宅瑕疵担保責任保険(瑕疵保険)への加入が
   なされているか、書面でも確認しましょう。

   ※平成21年10月以降に瑕疵保険が付保され、売主が新築入居時に
    掛けた瑕疵保険については、その瑕疵保険の期間終了まで、
    買主が引き継ぐことができます。


 □《未完成物件》の工事完了時の形状と構造など

   未完成物件の場合、完成時の形状・構造などの記載を確認します。
   新築マンションの場合は、パンフレットなどの記載と食い違いが
   ないかも確認しましょう。


 □《私道負担》に関する事項

   私道負担(購入予定地に一般の人が所有する「私道」が含まれて
   いる場合、その「私道」部分の敷地)の有無を確認します。

   私道負担がある場合、使用料などの支払いについても確認します。

   一般的に《私道負担》がある場合、その権利や使い方をめぐって
   トラブルに発展するケースもあります。
   私道については、仲介会社に説明責任かあります。あいまいにせず、
   不明点があれば、納得いくまで説明を受けましょう。


 □《マンション(区分所有建物)》の場合

   建物、敷地に関する権利、管理、修繕積立金などについての記載を確認します。

   過去の修繕履歴や今後の修繕予定が記載されているかどうかも
   確認しましょう。

   あわせて、管理の委託先や管理状況なども確認が必要です。
   万が一、売主に管理費や修繕積立金の滞納がある場合、
   その負担をどう処理するかついても確認しておくことも大切です。



次回は、不動産(土地・建物)の取引にあたり、自分でできる『重要事項説明』の
チェックポイントの3回目『取引条件について』を解説いたします。

 ★「新築建てたい」「リフォームしたい」「土地の購入・売却を検討」「家づくりお金について」「住宅ローンについて」「賃貸併用住宅など、収益のでる家を建てたい」「とにかく自宅の近くで安心できる業者を紹介してほしい」など住まいに関するお悩みを相談してみませんか? ご相談は随時受付中(ネクスト・アイズ株式会社)
  ■電話によるご相談(無料) →  0120-406-212 まで(水曜定休日)
  ■メールによるご相談(無料) →  info@nexteyes.co.jpまで(水曜定休日)

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。