無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 増築から減築の時代(3)~減築は家族関係にも良い

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 増築から減築の時代(3)~減築は家族関係にも良い

増築から減築の時代(3)~減築は家族関係にも良い


―減築は夫婦そして家族関係にも良いのです?―

 「広い家が欲しいのです」または「子ども部屋を広く」などと言う建て主も少なくなりました。何も今の家が小さいのでも予算がないのでもありません。

 「狭くとも家族がいつも一緒にいられるリビングダイニングが理想です!」
 と言うのです。夫が忙しく、妻も共働きのこともあって、せっかく家族が居る時間だけは皆一緒に居たいと言うことです。

 こうして今の家を見てみますと、確かに間仕切りが多く細々と部屋があります。これでは風が通らないばかりか、家族も風通しが悪く個室に籠ってばらばらとなってしまいます。
 そこで今の家を、間取りを見てみましょう。すると、住まいの中で物置然としたあまり活用されていない場所や部屋が多いことに気が付きます。そんな部屋を思い切って取り去ってイラストのようにそこを庭にしてしまうのです。

イラスト1:「減築」の平面図どこを取る
<イラスト1:「減築」の平面図どこを取る>

 するとその“庭”に面したいくつもの部屋に光と風が入って生き返り、そこを今のリビングに足すのです。すると家族の大きなリビングダイニングが生まれるのです。これこそが「減築」の真髄です。

イラスト2:「減築」で光と風が通る快適なリビングが生まれる作画筆者
<イラスト2:「減築」で光と風が通る快適なリビングが生まれる作画筆者>

 2LDKや3LDKのマンションや戸建てでも、子ども部屋との仕切りの壁を取り去れば同じことが可能です。その部分を可動のふすま壁、すなわち引き戸にすれば「閉じれば子どもの勉強コーナーなどの個室、開ければ一体!」と夫婦や家族の生活に新たなドラマが生まれるのです。このことは賃貸のアパートでも仕切りが建具であればふすまを外して同様の生活が可能なのです。

イラスト3:子ども部屋の間仕切りを引き戸にしてリビングと一体に
<イラスト3:子ども部屋の間仕切りを引き戸にしてリビングと一体に>

 「減築」は空間を減らすことばかりではなく、まさしく間仕切りを外すことで家族の生活を間取りに押し込んで固定することから開放して、今の家を家族の生活に合わせることなのです。

写真1、2:DK開閉の間仕切り引き戸例I邸(筆者撮影)
<写真1、2:DK開閉の間仕切り引き戸例I邸(筆者撮影)>

★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表