無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 「家相」はあるか?(2)~7割の人が「家相」を信じている?

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 「家相」はあるか?(2)~7割の人が「家相」を信じている?

「家相」はあるか?(2)~7割の人が「家相」を信じている?


―連載WEBの中での読者「家相」アンケート調査結果!―

 私自身、実質的なプランよりも「家相」に執着するのはナンセンスと思っていたのですが・・・、その家相を気にする人があまりにも多いことに驚き、家相とはなにか?を改めて調べるようになったのです。
 私が長年担当していたWEB連載記事(朝日コム)で、独自のアンケート調査を行ったことがあります。その質問内容はストレートで、大変失礼なものでした。が、それにもかかわらず多くの読者の皆さま回答をされ、しかも感想や意見までもいただきました。

 その内容はまず現在の住まいの形で、しかもそのリフォームをしたい場所。そして案外実態の分からない「気になる家相」でした。

 そこでまずは現在の住まいの形でしたが、「家相」だけに、一戸建てなど持ち家の方が総計の7割以上と多く、またそのリフォーム箇所や用件は、やはり水回りのリフォームが圧倒的に多く、その総数は48%にも達し、キッチン18%から、浴室16%、洗面トイレ12%と、サニタリーの快適性を求めていることがわかるのです。その反面、収納(14%)内装インテリア(9%)と、かつてに比べ、さほどのニーズもなく暮らしが豊かになっていることが分かります。

グラフ:現在のお住まいは?

グラフ:現在の住まいでリフォームしたい所はどこですか?

 ただ、この調査が9月の防災月間のさなかに行われたのにかかわらず、耐震補強リフォームのポイントは意外にも11%と低かったのが残念でしたが・・・。

 そして「家相が気になるか?」ですが、「なんとなく気になる」までを含め総数で68%とほぼ7割の人が気にしていたのです。その後このことを建て主方に話すと、
 「えっ?ほんとに?」と驚かれたのです。

グラフ:家相は気になりますか?(total)

グラフ:家相は気になりますか?(年齢別)

<アンケート集計結果:有効数156(集計作表:アトリエ4A)>

 さらに驚いたことは60代の人が70%を閉めることは予想通りとして、20~30代の若い世代が70%以上と、「家相」を気にしていることでした。ま、確かにこの調査自体がインターネット世代を対称にしていたことでしたが、その割には改めて家相の関心の深さを知ることができたのです。

★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表