無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 生かすか壊すか?(1)~これからの住まいは想像力が大切!

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 生かすか壊すか?(1)~これからの住まいは想像力が大切!

生かすか壊すか?(1)~これからの住まいは想像力が大切!


―家は人の想像力でつくりそれこそが創造となる!―

 いよいよ今年も残りわずか!で、新しい年を迎えます。
生きること、生きるプライドの意識。そして生きる価値?いや、もっと生きるための価値観の創造の年となるのです。
 それは明日何が起こるか?今何が起っているか?の想像からすべてが始まるのです。それは悲しいかな、前向きなことばかりではなく、時に疑心暗鬼であったりもすることも多いのです。
 都合主義の現代の法、そして論理?ではなく、そこに住む人、一人ひとりの本音の思いと本心の危惧こそが住むことの想像力であり、その結果こそが住まいの創造となるのだが、家は単なる建物であり、家族を包む箱であり、財産でもあるのです。

写真1:今も残る白川郷の合掌造り(天野彰撮影)
<写真1:今も残る白川郷の合掌造り(天野彰撮影)>

 私は自分の心配と危惧からいろいろ“想像”し、いろいろな住まいのカタチや住まい方を提案して来て、今も励んでいるのですが・・・、あの国立競技場のデザイン問題を発端に、人々が失望し、加えてエンブレムの無様な結末に、その費用とデザインのあり方、ひいてはそれを決定し推進すべき今の政治そのものや、重要な消費税の軽減税率の?やマイナンバーの?にも、誰もがあきれ諦め、せっかくのオリンピックの盛り上がりに欠けるばかりか、なぜか誰もが関心を持てないようなそんな社会になっていることが空しい。しかも今やり直されている巨額の競技場やエンブレムにもこれほど期待が持たれず、そればかりか世界からも疑心暗鬼の目で観られながら担当せざるを得ない当事者たちが哀れで仕方ないのです。

 そんな一年があっと言う間に過ぎ去ろうとしているのです。もう師走?!などと言うと年寄りくさいのですが、本当に早い!歳を取れば取るほど、時が経つのが早い気がするのです。
 そんな話しを学生やスタッフに話すとなんと彼らのほとんどが、「私たちもです!」と言う? なんと20代30代の若者たちが皆そうなのです。

 なるほど今はケータイやメールで、数秒後には相手に届き、数分で絵文字付きの返信が来る時代です。用件だけでとても深く考えられたやりとりとは思えずなぜか急に寂しくなり、現代の若者たちが可哀想で虚しくなり、なるほど彼らの時間が早くなることを改めて実感したのです。
 「時には自筆の手紙で書いてご覧。それがいかに文学的で哲学的で立体的で、デザインや空間構成にも役立つか分かるはずだよ」と、逆に彼らを慰めたのです。

 そうです。今となってはいたし方のないことですが、オリンピックの例では、既存の競技場をリフォームする?こと、招致のためのエンブレムをさらに生かすこと?から考える・・・。そんな協議を広く公募することで、どれほど国民の理解と応援を得られたか分からないのです。
 さて来年はわが家を「生かすか壊すか?」について考えてみたいと思います。

イラスト:笑う門には福来る(天野彰画)
<イラスト:笑う門には福来る(天野彰画)>

★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表