無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 賃貸住宅の経営計画を立案するにあたってのポイント(3)

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社賃貸住宅の経営計画を立案するにあたってのポイント(3)

賃貸住宅の経営計画を立案するにあたってのポイント(3)

引き続き、賃貸住宅の経営計画(事業計画・収支計画)の立案にあたり、
配慮すべき内容を解説します。
今回は部屋の間取りとローン返済額についてです。


《2》賃貸部分の間取りを検討

賃貸部分の部屋の間取りは、賃貸経営をスムーズに進めるために重要です。
前章(《1》市場調査)で導き出した計画地のニーズをもとに、間取りを検討します。

生活利便性を重視した単身者が多く住む地域であれば、1Rや1Kといった部屋をつくる、
周辺環境を重視するファミリー層が多く住む地域であれば、1LDKや2DKの部屋をつくる、
といった判断が必要です。


《3》月々のローン返済額を検討

月々のローンの返済額を算出するために必要な情報は、以下の4つです。

 ■ 総借入額
 ■ 返済方法(元利均等 or 元金均等)
 ■ 金利(固定 or 変動)
 ■ 融資期間

これらの情報がそろったら、ネットで公開されている【住宅ローンシミュレーション】
(住宅金融支援機構)にて、それぞれの値を入力してみましょう。
毎月の返済額が瞬時に算出されます。

  【住宅金融支援機構:住宅ローンシミュレーション】
   http://www.jhf.go.jp/simulation_loan/


■3-1 融資期間

融資期間は計画段階では、融資期間を長めに設定することをおすすめします。

みなさまは、融資期間は短い方が有利とお考えですか?
一般的には【借金はできるだけ早く返した方が良い】と考える方がほとんどです。

しかし、賃貸住宅への投資を【長期間にわたり安定した経営を行なう】という視点から観ると、
融資期間を短くして短期間で返済を進めることはおすすめできません。

融資期間を長くすればするほど、同じ借入金額でも毎月のローン返済額を低く
抑えることができます。

賃貸住宅経営を行う以上、
「退去者が出て空室になってしまい、なかなか次の入居者が決まらない」
「突然、給湯機などの住宅設備機器が壊れてしまった」
など、常に突発的な収支変動リスクがつきまといます。

そこで、突発的に発生する収支変動リスクに備え、あらかじめ月々の返済額を
少なくしておくことで収支が変動したときの賃貸住宅経営上のダメージを抑える
ことができるのです。

融資期間を長くすることで月々の返済額を減らすことができれば、毎月手元にキャッシュを
残すことができます。そのキャッシュを貯めておけば、いつでも繰上返済することができます。

金融機関に返済したお金は戻してもらうことができません。
月々、資金的なゆとりを持たずに返済を続けるのではなく、突発で起きるリスクに
備えたキャッシュを手元に貯めておくことで、賃貸住宅経営が安定します。

 ★「新築建てたい」「リフォームしたい」「土地の購入・売却を検討」「家づくりお金について」「住宅ローンについて」「賃貸併用住宅など、収益のでる家を建てたい」「とにかく自宅の近くで安心できる業者を紹介してほしい」など住まいに関するお悩みを相談してみませんか? ご相談は随時受付中(ネクスト・アイズ株式会社)
  ■電話によるご相談(無料) →  0120-406-212 まで(水曜定休日)
  ■メールによるご相談(無料) →  info@nexteyes.co.jpまで(水曜定休日)

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。