無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 生きるためのリフォーム(1)住まいの思想とは?

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 生きるためのリフォーム(1)住まいの思想とは?

生きるためのリフォーム(1)住まいの思想とは?


―住まいのカタチ?住まい方?その本質!―

 司馬遼太郎は、日本人は「思想を持たない思想」?と言う。確かに政治にしろ、日々の生活、はたまた宗教に至るまでなるほど“一途に”偏る人を見かけることが少ない。
 そんな重大なことまでを、多くの人は「付き合いだから」とか、「頼まれたから」、さらには「義理だから」と、一見、無思想にも思える言い訳のようなのですが・・・、どっこいそれは信念がないのではないと私は思うのです。まさにそれこそ「無思想の思想」で、周囲とのバランスを考えての思惑が優先し、わが心の許す限りの妥協点を探り協調し、自身は静かにわが理想を求めているのです。

 その最たることが家づくりではないかと思うのです。すべてがバランスから始まりちょっと個性を出す。しかしそのためか変わり身も早く、思考が周辺との変わらない同じような流行りの家となる。そこに量産住宅、企画型?いや規格型住宅のプレハブ住宅最盛期となったと言う。これはまさしく生活、果ては人生の画一化とも言えるのです。

イラスト1:家の「顔」はわが家の顔です
<イラスト1:家の「顔」はわが家の顔です>

 これは大変なことです。まさに「“無思想の思想”の住まい」の時代となったのでしょうか? しかし幸いなことに、そんな思想と言うかDNAのなせる業か?日本人の誰にも「和」があって。カタチばかりではなく、本当は思考を含めた思想以上の「心」があると思えるのです。
 多くの家づくりのお手伝いして培ったものが、デザインによるカタチでもなくインテリアでもなく、行きつくところが「自然尊重」と、「とき」と「ば」を大切にし、さらには「ハレ」と「ケ」などと言う文化まで生み出したのです。
 そしてわが国の家には好み以上の「生き方」と「振舞い」の感性もあるのです。それこそ、紛れもない生きる思想とも言えるのです。

 ただ、注意すべき点は、住まいの変遷が目まぐるしく、現代建築の専門家が、「無思想」の建て主に提案した案が即座に迎合?されやすく「裸の王様」にもなりやすいことです。
 私たち住まいの専門家は、建て主のあらゆる感性を引き出してその感性から本質的な生活思想や思考を引き出し具現化する姿勢が重要だと思うのです。

イラスト2:わが家の「家の塊の魂」(表に出ない根底の本音のプラン)
<イラスト2:わが家の「家の塊の魂」(表に出ない根底の本音のプラン)>

 私の場合はもっとリアルで、便利な都市に住む以上、田舎に比べて「狭い」「高い」「遠い」を前提として、経済そして職業はその枠と捉え、おおむねのプランをつくるのです。そしてさらに “夫婦別々に”互いが思う本音を引き出し、その生い立ちや、子を思う心と、親を思う子の心を重視するのです。
 夫婦一緒ではどちらか一方が迎合して見えなかった本心が引き出され、そこからそれぞれの生活感がヒントとなり、最大公約数的なプランを生み出すのです。

 結果、それがその人、その夫婦、その家族のオリジナルなカタチとなり、それがその家のカタチとなるのです。まさしくそれこそが個性的なその家の顔となるのです。周りを気遣って巨視的に観て、さらにそこからわが家の細部の色カタチにまで拘るのです。それこそが私たち有史以来の家のカタチなのかも知れません。

写真:和の家のカタチ(下呂N邸3枚:設計撮影/天野彰)
<写真:和の家のカタチ(下呂N邸3枚:設計撮影/天野彰)>

★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表