無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 大地震に備え日頃からできること(1)

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社大地震に備え日頃からできること(1)

大地震に備え日頃からできること(1)

今回は、大地震に備えてご自身で日ごろからできることを簡単にまとめていきます。
まずは「食料」についてです。

■日頃から食材を多めに買って1週間の食料をストック


大地震が発生すると、物流のルートにも影響がでてきます。
今回の熊本地震で、注目すべきは主要な幹線道路がいち早く復旧したこと。

食料はもちろん生活必需品が必要なときに常に手元にあるのは、24時間365日稼働し続ける物流網があってこそ。幹線道路が復旧しないことには、物流網が稼働できません。
あわせて、今回の度重なる地震で被害規模が拡大する建物以上にクローズアップされたのが、『水』・『食料』といった、日ごろあたりまえに手配できているモノの供給が止まってしまったこと。

『住まい』はもちろんですが、水や食料がなくては、災害が発生した直後は無事だったとしても、救援の手が届くまで生きていくことすらできません。でも、味気ない非常食を備蓄していても、賞味期限切れの問題があったり、そもそも倒れた家具などで肝心なときに非常食を取り出せない可能性もありえます。

公的な支援物資はすぐ届かないかもしれませんし、コンビニなどのお店でもあっというまに商品がなくなってしまいます。


そこでおすすめなのは、日ごろから多めに食材を買っておいて、おおよそ1週間分のストックを用意する【ローリングストック】。日ごろ食べ慣れた食材やお菓子を多めに用意しておくことで、大災害が発生しても支援物資が届くまでしのげそうです。

おおよそ1週間分と聞くと、急にハードルが上がるように思いがち。
でも、冷蔵庫の中をはじめ台所まわりに日ごろ買い置きしている食材を目を移せば、1週間分の備蓄とも考えることができます。

最初の3日間は、冷蔵庫のなかのものを食べるだけでもしのげそうですね。
次の3日間は、いつもローリングストックしている保存がきく食材でまかないます。

非常食というと「気が付いたら消費期限が大幅に過ぎていて全て廃棄した」といった失敗が起こりがち。ローリングストック法は日常的に非常食を兼ねる食材を用意しておいて、食べたら買い足すことを繰り返し、常に家庭に新しい非常食を備蓄しておく方法。

この方法なら、常日頃意識することなく、普段から食べているものが大規模災害時の食卓に並び、安心して食事できます。それ以降は、乾物や発酵食品などの保存食やインスタントヌードル、フリーズドライ食品、チョコレートなどで乗り切る。

さらに、調理方法(レシピ)もストックしておけば、「おいしい食の備え」が出来上がります。


「食料」のストックする際に、気になるのが収納。
次回は、キッチンまわりの収納計画について、ふれていきたいと思います。

 ★「新築建てたい」「リフォームしたい」「土地の購入・売却を検討」「家づくりお金について」「住宅ローンについて」「賃貸併用住宅など、収益のでる家を建てたい」「とにかく自宅の近くで安心できる業者を紹介してほしい」など住まいに関するお悩みを相談してみませんか? ご相談は随時受付中(ネクスト・アイズ株式会社)
  ■電話によるご相談(無料) →  0120-406-212 まで(水曜定休日)
  ■メールによるご相談(無料) →  info@nexteyes.co.jpまで(水曜定休日)

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。