無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 夫婦の家(1)住まいは子育てではなく“夫婦”育て?!

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 夫婦の家(1)住まいは子育てではなく“夫婦”育て?!

―意外にも夫婦のための住まいは少ない?!―

○今回のポイント 1 住まいは夫婦のためのもの
○今回のポイント 2 夫婦が優先された家によって、夫婦の愛情が育まれる

 住まいはいったい誰のものなのでしょうか?改めて最近のプランを見てみますとなんと、いまだに子育て優先のような住まいが多いことに気づくのです。マンションや建売住宅などまるで判で押したような2LDKや3LDKのプランとなるのです。

本来住まいとは夫婦のためのもののはずなのです。

 もともと日本の家とは「家」なのです。まさしく名実ともに家で、家族の居る場の象徴であり、先祖とともに今を生き、働き、そして棲んで暮らし、そしてなにより子孫繁栄の為のものだったのです。その意味では子育ても重要な要素ではあるのですが、それ以上に“夫婦を育み”さらに老いをいたわる場でもあるのです。子どもはその中で勝手に育って行くのです。

イラスト:住まいの原点(画:天野彰)
<イラスト:住まいの原点(画:天野彰)>

 しかし近代化の時代はすすみ、住まいは機能優先のものとなり、フランスの建築家ル・コルビジェはついには、住まいは「住むための機械」とまで言ってのけ、なるほど2LDKや3LDKの呼称の通りとなったのです。
 しかしここで大切なことは「住むための機械」とは「子育てのための機械」ではなく、夫婦、家族が楽しみ快適に住むことを意味している機能的なモノのことだったのです。

個室の2,3ではなく、LDKのリビングダイニングとキッチンが最優先!

 そうです。憩い遊び、さらに料理を楽しむことやトイレやシャワーなどの水回りや収納などが機能本位であることが優先されるべきなのです。この点はわが国の住まいはもう少し違っていて、住まいの原点から、江戸の裏長屋、さらに広間三間型の日本の家(イラスト)などから、狭いながらも格式と精神性が優先され、主婦の生活機能などは二の次の封建的な背景がいまだにあるかのようです。

イラスト:江戸の裏長屋(画:天野彰)
<イラスト:江戸の裏長屋(画:天野彰)>

イラスト:「広間三間型」の日本の家、なんと現代の2LDKと同じ?(画:天野彰)
<イラスト:「広間三間型」の日本の家、なんと現代の2LDKと同じ?(画:天野彰)>

 しかし現代、キッチンやバストイレなどはまさしく急激に機能的なものとなり、個室の数が2から3ないし4と優先され、肝心のリビングダイニングなどは単に広い空間とモダンなデザインとなっただけで、なぜか夫婦と家族の生活が見えて来ないのです。

 なんと!子どもを各部屋に閉じ込め、夫婦も各個室に逃げ込む?そんな住まいとなってしまったようなのです。こうしてリビングで憩うこと、ましてや家族がクッキングやダイニングを楽しむこと、もっと夫婦が一緒に楽しむことが忘れ去られてしまったような気もするのです。

 この底辺に、わが国特有の住まいの起源、封建的な家の形式、従って家族の在り方、さらには子どもが勉強しやすい環境づくりなどの社会現象が背景となっているからかも知れません。

子どもはあっと言う間に育って出ていく?そのとき夫婦は?

 こうして育った子どもはまたたく間に家から出て行くのです。あるいは、その甘い環境が癖となり、そのまま個室に閉じ籠る子どもも多いのです。

 これは大変です。せっかく子どものためと頑張って来た親にすれば失望も大きいのです。これはバカらしいことです。しかもそう思ったときは夫婦の愛情も育まれることもなく、いったい今までの貴重な時間が何だったのか?と恨まれるばかりです。そんなことにならないようにこれから家を建てる人やリフォームをする人は定型のプランを見たり、選ぶのではなく、ましてや人に任せるのではなく、いったん子どもを忘れ、わが夫婦の生活スタイルや、これから先の暮らしを想像して、夫婦でオリジナルなプランニングをすることです。

イラスト:住まいを大人のムードに(画:天野彰)
<イラスト:住まいを大人のムードに(画:天野彰)>

 これからの夫婦の生活とは、お馴染み私の「人生時計」(イラスト)をご覧あれ。子育てや受験までの間など長い夫婦の人生からすれば、“あっと言う間”のことであることが分かります。ではどんなプランが夫婦を育むことができるのでしょう?

イラスト:夫婦の住まい『人生時計』(画:天野彰)
<イラスト:夫婦の住まい『人生時計』(画:天野彰)>

 次回は「リビングを夫婦仲良し職場?いや、仲良し書斎にする!」です。

★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表