無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 注文住宅・家づくり
  4. 住宅完成時のチェックポイント

住宅関連記事・ノウハウ

住宅アドバイザー 吉田 貴彦 株式会社住宅相談センター住宅完成時のチェックポイント

住宅完成時のチェックポイント

 住宅が完成したときに施主(工事発注者)が最終チェックをおこなう「施主検査(内覧会)」での注意点をお話しします。今回は「目に見えるものと見えないもの」という話です。

 完成した住宅を見て「これがおかしい。」とか「ここに汚れやキズがある。」と指摘することはできると思います。
 しかし、「これがない。」という指摘をすることはなかなか難しいようです。もちろん「洗面台がない。」というように大型の部品や、「気に入っている棚がない。」というような自分が強く意識しているものについては気づくと思います。問題は意識していない部分がついていない場合です。

 先日内覧会に立ち会った新築分譲マンションでは「玄関の壁部分だけ巾木がない。」とか「キッチンとキッチンパネルの間にコーキング(目地を埋めるシール)がない。」という事例がありました。
 コーキングは明らかに「ない」のですが、さっと見ているだけでは、なくても違和感はなく、その場にいた誰一人として気づく人はいませんでした。(買主様ご家族・建設会社の担当者・売主不動産会社の担当者)キッチン回りにコーキングがないと、水が入り込み長年の間に壁や床を劣化させるので注意が必要です。

 このように一般の施主様・買主様が「ないものに気づく」ことは難しいのです。「あるもの」のチェックはご自分でできるとしても、「ないもの」のチェックはホームインスペクター(住宅診断士)などの専門家に依頼するというのは、このような点からも有意義なことだと考えます。

 住宅相談センター 代表取締役 吉田貴彦

 【生活の困ったを相談してあんしん!】
  ご相談・ご質問・ご要望は下記まで お気軽にどうぞ!
  ■住宅相談センター  名古屋市中区栄四丁目1番地1 中日ビル6階
  http://www.hng.ne.jp/expert_detail48.html

関連記事

住宅アドバイザー 吉田 貴彦住宅アドバイザー 吉田 貴彦

住宅アドバイザー 
吉田 貴彦
株式会社住宅相談センター

証券系不動産会社・大手ハウスメーカーに営業責任者として勤務。
 ファイナンシャル・プランナーや住宅ローンコンサルタント・ホームインスペクターなどアメリカの制度を早くから導入して、お客様本位の家づくりのアドバイスを提唱している。