無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 注文住宅・家づくり
  4. ホームインスペクション(住宅診断)の行く末

住宅関連記事・ノウハウ

住宅アドバイザー 吉田 貴彦 株式会社住宅相談センターホームインスペクション(住宅診断)の行く末

ホームインスペクション(住宅診断)の行く末

 国が推進する政策で「住宅を売買・リフォームするときにはホームインスペクションすること」が常識になってきました。これを受けて、不動産・建築の団体や業者さんがホームインスペクションに取り組み始めています。

 全国宅地建物取引業協会は、ホームインスペクションした住宅を『ハトマーク安心住宅』とブランド化することを決めました。リクシルグループの不動産業者の集まりであるERAは『インスペクションNEXT』、パナソニックは『家検』・・・などなど。多過ぎて混乱しますね。
 ホームインスペクションが浸透してくることは良いことですが、注意しなければならないことも増えてきます。

1.インスペクター(ホームインスペクションする人)としての実績はあるか?
 ブームに乗って参入する人は多いと思いますが、単なる建築士さんや不動産屋さんではホームインスペクションは難しいと考えます。必ずインスペクションの実績・経歴を確認してください。

2.条件付きではないか?
 無料でインスペクションをする代わりに「リフォーム工事をさせてほしい。」とか「売却するときに専任媒介契約をしてほしい。」というように条件付インスペクションをしていないか?
関連事業で収益を上げるためのホームインスペクションでは、正確性が疑われます。

3.中立性
 不動産業者や建築会社からの紹介でホームインスペクションする会社であった場合、紹介謝礼などを受け取っていないか?
関係者の間で利益供与があるとホームインスペクションの中立性が疑われます。

 これからホームインスペクションを利用される方は、以上3点に十分気を付けてインスペクション会社を選んでください。

 住宅相談センター 代表取締役 吉田貴彦

 【生活の困ったを相談してあんしん!】
  ご相談・ご質問・ご要望は下記まで お気軽にどうぞ!
  ■住宅相談センター  名古屋市中区栄四丁目1番地1 中日ビル6階
  http://www.hng.ne.jp/expert_detail48.html

関連記事

住宅アドバイザー 吉田 貴彦住宅アドバイザー 吉田 貴彦

住宅アドバイザー 
吉田 貴彦
株式会社住宅相談センター

証券系不動産会社・大手ハウスメーカーに営業責任者として勤務。
 ファイナンシャル・プランナーや住宅ローンコンサルタント・ホームインスペクターなどアメリカの制度を早くから導入して、お客様本位の家づくりのアドバイスを提唱している。