無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 注文住宅・家づくり
  4. ホームインスペクターの選び方(前編)

住宅関連記事・ノウハウ

住宅アドバイザー 吉田 貴彦 株式会社住宅相談センターホームインスペクターの選び方(前編)

ホームインスペクターの選び方(前編)

 住宅を購入するときホームインスペクション(住宅診断)することが一般的になってきましたが、どのようなホームインスペクター(住宅診断士)に依頼すればよいのかというご質問をよくいただきますのでポイントをいくつかご紹介します。

1.資格に惑わされない。

 住宅のことなので建築士にインスペクションしてもらうのが一番とお考えの方も多いようですが、必ずしもそうではありません。もちろん建築士資格を持っていることに越したことはありませんが、建築士と言っても設計ばかり担当していて現場を見たことがない建築士はたくさんいます。実際の建物を見る現場監理をやってきた建築士であるかどうかを確認することをお勧めします。

 他にもホームインスペクションで能力を発揮するのは、工務店でアフターメンテナンスの係をしていた人は建築士でなくとも十分適任だと思います。クレーム対応の実績があるので住宅のどの部分が悪いのか、よく理解しているからです。

2.使用する機材を確認する

 国が出している「インスペクション・ガイドライン」では、インスペクションは主に目視でおこなうこととされています。

 しかし、それだけではインスペクションし切れないのが実情です。そこで例えば弊社では赤外線サーモグラフィを使用して壁の中を透視して見ることで、断熱材の欠損や水漏れを発見しています。この機材は大変高価な機材ですので、当然インスペクション料金に反映されて高くなります。 さらに同じ赤外線サーモグラフィでも解析度が高い機材もあれば低い機材もあります。インスペクション料金を比較するときは、必ず見積もりを取ってどのような機材を使用するのかを確認しましょう。安ければ良いというものではありません。

 住宅相談センター 代表取締役 吉田貴彦

 【生活の困ったを相談してあんしん!】
  ご相談・ご質問・ご要望は下記まで お気軽にどうぞ!
  ■住宅相談センター  名古屋市中区栄四丁目1番地1 中日ビル6階
  http://www.hng.ne.jp/expert_detail48.html

関連記事

住宅アドバイザー 吉田 貴彦住宅アドバイザー 吉田 貴彦

住宅アドバイザー 
吉田 貴彦
株式会社住宅相談センター

証券系不動産会社・大手ハウスメーカーに営業責任者として勤務。
 ファイナンシャル・プランナーや住宅ローンコンサルタント・ホームインスペクターなどアメリカの制度を早くから導入して、お客様本位の家づくりのアドバイスを提唱している。