無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 災害に強い家(1)防災の前にまず減災の心を

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 災害に強い家(1)防災の前にまず減災の心を

―改めて対災害を考えた家とは?―

○今回のポイント 1 ここ数十年で見ても、大規模な災害が周期的に起こっている
○今回のポイント 2 「防災の意識」さえあればわずかな費用でも耐震補強ができる
○今回のポイント 3 想定される被害を知り、最小限にする「“減災”の意識」が求められている

今や防災とは防ぐ前に取りあえずの「減災の心」を持つことが必要?

さらに異常気象、そして大震災・暴風雨の可能性が?

 確かに「温暖化のせいか海水温が上がり異常気象が!」とまで言われることが多いのです。
 21年前になる正月1月17日午前5時46分、淡路島北部、震源の深さ14キロのマグニチュード7.2の地震が発生しました。神戸市、西宮市、芦屋市などで震度7を記録。人口密集地を直撃したのです。高速道路高架橋が倒れ、日本の土木技術の信頼性が失墜し神戸市の港湾施設は壊滅状態となったのです。そう、阪神・淡路大地震です。

 この地震で、自宅を失って避難した人は23万人をゆうに越え。死者は、震災が原因で亡くなった人を含めると6500人となりました。さらに負傷者は約42,000人、倒壊家屋は約40万棟。被害総額は10兆円!にも達したのです。
 そしてまたその10年後に新潟県中越。さらにあの東日本大地震と続き、なんと今年に入って熊本大分地震が立て続けに起こったのです。

写真1~3:阪神大震災、中越、さらに東日本・・・ (撮影:天野彰)
<写真1~3:阪神大震災(上)、中越(左下)、さらに東日本(右下)・・・ (撮影:天野彰)>

リフォームのチャンスに耐震補強を!

 地震になると必ず登場するのが木造や古い家は地震に弱い!などの意見が浮上するのです。木造にしても在来に比べ工業化住宅は軽い箱だから安全?と言い意見も、今度は湿気が心配かも知れません。しかしどんな家を選ぼうとも家を持ったその瞬間から家の「リスクマネージメント」が必要です。やはり「メンテナンス」に加えて住む人の「防災意識」が何よりも大切となるのです。
 あの直下型の阪神大震災でも、古い家であっても“つッかい棒”のような、ちょっとした耐震補強?で倒れなかった家もあります。いくら筋交いを入れた新築でも愛車のために広い駐車場をつくって、家の角の柱一本のため、バランスを崩して壊れたり。

イラスト1:つっかい棒で助かった古い家(画:天野彰)
<イラスト1:つっかい棒で助かった古い家(画:天野彰)>

写真4:柱一本で倒れたほとんど新築の家(撮影:天野彰)
<写真4:柱一本で倒れたほとんど新築の家(撮影:天野彰)>

 さらには鉄筋コンクリートの家もかえって自重が重く、直下の縦揺れの地震では柱が押しつぶされるように折れたり、地震には助かっても窓に雨戸やシャッターが付いていないために延焼してしまった建物も多いのです。
 関東大震災でも阪神・淡路大震災でも70年以上の年代の差はあれ、ほとんどの家が住みやすい木造で倒壊が多く目立ったのです。しかしこれも雨漏りで柱や梁が腐っていたり、施工不良なので、古くても新しいものも「防災の意識」の“目”さえあればわずかな費用で耐震補強はできたのです。

 とは言え、いざリフォームのチャンスとなるとシステムキッチンなどの設備の改造やインテリアに費用はあてられ、この「耐震強化」は二の次となりやすいのも実態です。

「減災」は命を守る防災意識のトレーニング!

 阪神・淡路大地震でひときわ目立ったのが前述の、傾いた古い木造が簡単なつっぱりの丸太(古電柱)でびくともしなかった例もあり、さらに筋交い(すじかい)をバランス良くいくつか加えただけで、1000ガルもの強い地震にまったく被害の出なかった例も多いのです。
 その反対に鉄筋であろうが鉄骨であろうが、杭や基礎から強度が出ていない建物は傾いたり倒れた建物も多いのです。

 「災害は忘れた頃にやってくる!」ではありませんが、まだ余震さえ起こりそうな、あの熊本大分の震度7の揺れの直後の「防災の日」でもその関心の低さには驚きます。災害は地震ばかりではなく頑丈な建物でも土砂崩れや河川の決壊で押し流されたりもします。

 「自治体も防災・避難・救助・消火経路の確保が重要で、その妨げとなる道路の強化はもとより立体交差橋や歩道橋や電柱さらに送電線などの撤去や耐震強化。さらに海浜地帯では高潮や液状化対策、ところによっては“原子力発電所”や石油の備蓄タンクコンビナートなどの耐震強化が必要で、その上での住民の避難所やそのルートの整備など積極的対策が具体的になされていないことが気になります。」(ここまでは中越地震直後のデジタル朝日での私のコラムコメント『いい家朝日』でのコメントだったのですが・・・)

 地震は天災とは言え想定される危険を未然に防がないことは人災とも言えます。知事や自治体の責任問題ともなりかねません。もちろん都市に住むわれわれも日ごろからその安全避難のルートを歩いたり、さらに“わが家族の命や財産を守る”ために建物やその地形をよく見ることが災害を未然に防ぐ、いや被害を最小限にする「“減災”の意識」そう、メンテナンスは“目”ンテナンスで、これこそ「防災意識のトレーニング」となるのです。さあこの台風の後にわが家を、家の周りをよく見てみましょう。

イラスト2:今の住まいを見る[メンテナンスポイント](画:天野彰)
<イラスト2:今の住まいを見る[メンテナンスポイント](画:天野彰)>

イラスト3:今の住まいを見る[家の周辺の危険度チェック](画:天野彰)
<イラスト3:今の住まいを見る[家の周辺の危険度チェック](画:天野彰)>

 次回は「災害、できるところから減災」です。

 なお来る2016年9月24日(土)PM2時過ぎから横浜のtvkハウジングプラザ内「ヨコハマくらし館」にて、防災月間『地震に勝つ家・負ける家 耐震リフォームのポイント』をお話します。

 また2016年10月10日(月休)朝10時半より東京新宿「TDY東京コラボ・ショウルーム」JR南新宿ビル7階にて、『50代60代の今こそ始めたい 転ばぬ先の家づくり』をお話します。以下URLをごらんください。
>>>第3回家づくり・リフォーム&不動産フェア『50代60代の今こそ始めたい 転ばぬ先の家づくり』

★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表