無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1529 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 15 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 住まいの文化(2)日本は“せまい”の文化?

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 住まいの文化(2)日本は“せまい”の文化?

住まいの文化(2)日本は“せまい”の文化?

○今回のポイント 1 日本の家の原点は、茶室の時代より続く「自由」「多面性」「多様性」
○今回のポイント 2 日本の家は、広さではなく、内面の充実感が重要
○今回のポイント 3 狭い家も知恵1つで広い空間を作り出すことができる

 ゆく河のながれはたえずして、しかももとの水にあらず・・・
で始まる「方丈記」は800年以上も前に生まれるのですが・・・、今 家を考えるとき、 住まいの原点を見るとき、私たちにどれほど多くのものを教えてくれたことでしょう。

 一丈四方、そうあの四畳半ほどの小さな庵で四季折々や世相、さらに世界いやもっと大宇宙へと誘ってくれるようなのです。
実際にその数百年のちに開花する茶の湯で茶室の小宇宙思想は、すでにこの鎌倉の時代に培われていたと言っても過言ではないのです。それにしても鴨長明の生活思想や世界観にあらためて驚かされ、現代の都市の生活に余りにも通じるところが多いことです。

 私が住まいの設計やリフォームに使う、「マルチフレックス」と「マルチパーパス」の手法はその自由・多面性・多様性の日本の家の姿で原点なのです。それを長明は見事に観察しているのです。
まさしく人間・時間・空間だったのです。

写真・イラスト1:購入した狭い中古2LDKをリフォーム:天野彰
<写真・イラスト1:購入した狭い中古2LDKをL+DKにリフォーム|A様邸。広がりを感じる空間へ(撮影・画:天野彰)>

リフォームの現場で、一戸建てもマンションも、もちろん新築もあらゆる建物も、いったんその要素を丸裸の“スケルトン”にしてワンルームから改めて生活スペースを考え構築する手法なのです。その中で空間は広さではなく、その内容であり、時間と人間の動きを考える。大きな家はその移動と人間関係、さらに経済が大変となる。

写真2:スケルトンリフォームで耐震強化と断熱をやり直し、落ち着いた木目調へ:天野彰
<写真2:スケルトンリフォームで耐震強化と断熱をやり直し、落ち着いた木目調へ|M様邸(撮影:天野彰)>

 では、と長明のしたように郊外のはるかかなたに引っ越せば家は広くなるものの世間が狭くなる。まさしく“狭さの三すくみ”なのですが・・・、結局都市で職を求め、楽しく住みたい現実の生身の家族には、その「狭苦しさ」から「苦」を取り去り「楽」にし、さらに「楽しく」すればいい。私の“狭楽しく住む”の発想となるのです!
これこそが建築の「マルチフレックス」(多重性)と「マルチパーパス」(多目的)の手法で、実際にわがアパートやマンションで試したことですが、これこそ方丈記から私が学んだ感性だったのです。なんと鴨長明は現代の都市での複雑かつ狭い家の生活術、いや哲学を暗示していたと改めて思うのです。

 *********************************************************

  ★天野彰先生の著書「狭楽しく住む法」  1983年2月発行
天野彰 著書「狭楽しく住む法」

 *********************************************************

★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回は「利休は狭さのプロデューサー?」お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表。

 一級建築士天野 彰 公式ホームページ
 一級建築士事務所アトリエ4A ホームページ