キャッシュバックキャンペーン

掲載情報件数

完成事例 1486 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 15 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 住まいの文化(5)千年の都市型自然住宅「町家」に学ぶ

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 住まいの文化(5)千年の都市型自然住宅「町家」に学ぶ

―京都に言って、街中にもかかわらずしっとりとした町並の佇まいと町家のおっとりとした雰囲気に、誰もが心のふるさとを感じるのですが、同時に現実の世とのギャップを感じてもいるのです。―

○今回のポイント 1 京都町屋は、盆地の気候と地形を生かした科学的な工夫で快適な住まいへ
○今回のポイント 2 密集した地形でも、中庭を通して風の流れをつくる
○今回のポイント 3 日本の家の文化は、【セルフディフェンス・ハウス】

 その町家には都市住宅の1,000年の歴史とも言うべき工夫と生活の知恵があることに驚くのです。ここの町家のプランニングは路地と路地裏を通り抜ける通り庭を軸に、それに接して植栽や坪庭があり、それらをはさんで次の路地の向こうにまた住ブロック群が整然と続くのです。まさしく現代都市計画手法の先端的な住居形態とも言えるのです。
しかもその住まいの居住性は、路地と路地裏としか外部に接していないこの密集住宅の町家は、多湿なわが国の気候と、京都盆地の独特の暑さの中で、さぞかし風の通り難い住みにくそうな家と思いきや、無風状態の中でもなんと家の中を中庭に向かって微かに風が通るのです。
これを平面図と断面図で詳しく検証してみると、なんと家そのものが中庭を軸にある工夫がなされて?いることが分かるのです。

イラスト:京都町家の平面図と断面図、まるで巨大な換気扇(画:天野彰)
<イラスト:京都町家の平面図と断面図、まるで巨大な換気扇(画:天野彰)>

その町家の断面とは・・・、
なんと中庭の前後の瓦屋根が灼熱の太陽で熱せられて上昇気流を起こしていることが分かります。こうしてこの中庭の空気は負圧となり、さらに屋根の上昇気流によって吸い上げられるように昇って室内に風が通るのです。しかもその風はなんと表と裏の両路地から中庭に向かって流れる!のです。夕暮れ時に路地に打ち水をするとさらに蒸発潜熱で冷えた空気が室内に呼び込まれ過ごしやすくなるのです。

まさしく家そのものが“巨大な換気扇”になっていることが分かるのです。これは実際に模型をつくって屋根を黒のモザイクタイルなどを張って瓦屋根に見たて、白熱灯で温めると、なるほど室内の線香の煙がすべて中庭に向かって一斉に流れ始めるのです。

写真:京都町家の模型(天野彰)
<写真:京都町家の模型(天野彰)>

一見、閉鎖的に見える京の町家は、夏暑く冬寒い盆地の京都の気候と地形を生かした科学的な工夫と、都市の防火対策もなされた【セルフディフェンス・ハウス】なのです。

 *********************************************************

  ★天野彰先生の著書「建築家が考える【良い家相】の住まい」 講談社発行
天野彰 著書「建築家が考える【良い家相】の住まい」

 *********************************************************

★毎週 最新コラム公開中!次回は「現代町家から見る四季の装い」のお話です。お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表