無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1506 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 15 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 建物を巨大地震から守る3つの建物構造~耐震構造~

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社建物を巨大地震から守る3つの建物構造~耐震構造~

建物を巨大地震から守る3つの建物構造~耐震構造~

ここ10年ほどのあいだ、東日本大震災や熊本地震、鳥取中部地震をはじめとする巨大地震が全国各地で発生しています。そのたびに被災地では倒壊した建物が覆い尽くす凄惨な後景が報道されます。
ただ、このような報道の中でも、新しそうな建物は倒壊していることが圧倒的に少ない印象をうけます。これは「新しい建物では地震に備えるための構造が用いられている」というのが大きな理由です。

住宅に限らず、地震に備える一般的な建築物の構造形式は大きくわけて「耐震構造」「制震構造」「免震構造」の3つの構造があります。
では「耐震構造」「制震構造」「免震構造」の違い・特徴とは何でしょうか?

そこで今回から、複数にかけて地震にそなえる建築物の構造について詳しくご説明していきます。
まず、今号では【耐震構造】をご説明いたします。

大地震から身を守る建物

■耐震構造とは

耐震構造とは、頑丈な柱・梁(はり)・筋交いなどで建物の構造を頑丈にして、大地震の揺れに耐える強度を得る方法です。現在の建築基準法でも定められているベーシックな構造で、昭和56年6月1日以降に新築された建物および収容家財については「地震保険の建築年割引」対象にもなる構造です。
さらに、耐震等級1~耐震等級3まで法律に基づく住宅の耐震性能の評価基準も定められています。

 耐震等級の目安とされている基準は以下の通りです。
  耐震等級1:建築基準法と同程度の耐震性をもつ建物
  耐震等級2:等級1で想定する地震の1.25倍の耐震性をもつ建物
  耐震等級3:等級1で想定する地震の1.5倍の耐震性をもつ建物

耐震等級1の目安は、数百年に一度発生する可能性がある大地震(震度6強から7)で建物が倒れない程度の強さ。ただし、建物が傾く可能性はあります。数十年に一度発生する震度5強程度の地震では、外壁、内壁に被害は出ない程度の強さになります。

■耐震構造のメリット・デメリット

《メリット》
□低コストで地盤の制約も少ない
耐震構造の最大のメリットは、制震構造・免震構造に比べて低コストで建てることができること。また地盤の制約も少なく地下室などつくる際も制約を受けないことが挙げられます。したがって、多くの住宅やビルで採用されています。

□建築基準法の最低限の基準を満たせる
建築基準法で定められている【最低限の基準】も、耐震構造の考え方を基本的考え方としています。

《デメリット》
□地震の振動は建物に直接伝わる
耐震構造は、建物の構造を頑丈にすることで地震の揺れに備えることから、地震のエネルギー(振動)は建物に直接伝わります。よって、建物自体のゆれや損傷、家具の倒壊といった建物内の被害も制震構造・免震構造に比べて大きくなります。なお、耐震構造では2階で感じる揺れは1階の揺れの1.6倍にも増幅されるともいわれています。

□地震の回数に伴い損傷が進む
熊本地震のように震度6強クラスの地震が複数回にわたって立て続けに発生してしまうことも考えておかなければなりません。耐震構造では複数回の地震が立て続けに発生してしまうと、地震の回数に伴い建物の損傷が進んでいきます。

 ★専門家による家づくり・リフォーム・住宅ローンなどの無料電話・メール相談(ネクスト・アイズ株式会社)
  》受付時間:毎週水曜日を除く午前10時~午後6時
  》ご相談電話:フリーダイヤル 0120-406-212
  》ご相談メール:こちら

 ★施工会社選定から面談時の注意点などあなたが理想の住まいを手に入れるお手伝いをいたします!
  ハウス仲人~お家らくらく紹介サービスはこちらまで(水曜定休日)

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。