無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1429 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 14 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 見えないコストが上昇していく2017年

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社見えないコストが上昇していく2017年

見えないコストが上昇していく2017年

 さて2017年のトレンドは、省エネ基準の適合義務化への流れを踏まえ【eco・省エネ・中古】に軸足を移しています。このトレンドをうけ、平成29年度予算編成や税制改正についても【eco・省エネ・中古】を減税や補助金で優遇する流れが一層明確になることは間違いないと考えられます。
あわせて、新しい住まいに引っ越した後でほとんどの方が加入する【火災保険】ならびに、だれしも重要性を理解しながらその高い保険料負担に二の足を踏む【地震保険】についても、さまざまな優遇制度が用意されています。

しかし、補助金・減税が拡充する代わり、見えないコストが上昇する2017年。
2017年6月から郵便料金が値上がりすることが発表されましたが、住宅に関わる損害保険(火災保険・地震保険)も例外ではありません。

2017年は補助金などの優遇制度以外にも、その他コストを要チェック

●先陣を切って値上がりするのは、【地震保険】。

【地震保険】の契約金額は火災保険の30~50%で、建物が5000万円、家財は1000万円が限度となりますが、【地震保険】では支払われたお金の使い方は問われません。地震によって建物が損壊した場は、家財の保険金を建物や家財の修繕や買い換えにに使ったり、建物と家財の保険金と被災者生活再建支援法による公的な支援金などと合わせて、新たに建てる家の資金にすることもできます。

地震が起きた後の生活再建を資金面から支える【地震保険】ですが、政府の研究機関が作成する地震の研究データの見直し等により、2017年1月1日から改定されております。

詳細につきましては、次回で解説いたします。

 ★専門家による家づくり・リフォーム・住宅ローンなどの無料電話・メール相談(ネクスト・アイズ株式会社)
  》受付時間:毎週水曜日を除く午前10時~午後6時
  》ご相談電話:フリーダイヤル 0120-406-212
  》ご相談メール:こちら

 ★施工会社選定から面談時の注意点などあなたが理想の住まいを手に入れるお手伝いをいたします!
  ハウス仲人~お家らくらく紹介サービスはこちらまで(水曜定休日)

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。