無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1474 件 | ハウスメーカー 23件 | 工務店 84件 |建築家 14 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 「木の住まい」が一番(4)木の住まいの再生

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 「木の住まい」が一番(4)木の住まいの再生

―雅な京都祇園は、匠の技によって建てられた良質な木の家である―

○今回のポイント 1 本物の木の家「京都町家」は観光として外国人に買われている
○今回のポイント 2 古民家ブームは一時的、本質的な町家文化の再生こと必要である
○今回のポイント 3 本質的な意味での再生とは、職人による【匠の技】 和の骨格と設え(しつらえ)の粋な文化

 かつて東京に住む私たちにとって高根の花とも言えた京都祇園での粋な飲み屋から足が遠のいて、その代わりにパブやクラブのような飲食店が増え、さらに観光化され祇園の雅(みやび)は既に見世物化されていることに口惜しくて仕方ないが、全国的な展開でこれも時代かな?

四国徳島脇町の二段梲の匠の技:撮影筆者(天野彰)
<写真1:四国徳島脇町の二段梲の匠の技:撮影筆者(画:天野彰)>

その和の文化が際だつ京都の町家までもが外国人に買い漁られていることに大きな違和感と危惧を持つのです。確かにこうした古民家人気はわが国でも古くからありブームにもなって、古い家が解体されると、わざわざ柱梁を探りに来るほどの古民家ブームになったこともありました。その古民家をそのまま移築したり再生して飲食店にしている例も多いのです。しかしその真意は良質な木の家で、丁寧な大工や職人による匠の技で建てられたものが多く、それこそ本物だからです。
残念なことに、そんな真意は別としてそれらが興味本位の観光価値があると言うことで、民泊などとして買われ、東京オリンピックを契機にひと儲けしようとするあさましくも一時的なことで悲しいのです。

出来れば本質的な意味と意義で再生され、和の文化を継承できることが京都の特異な町家文化の保存となるのです。その真意こそ、柱梁の軸組と仕口の技で、和の骨格と設え(しつらえ)の粋な文化なのです。まさに木の家の再生こそ、すなわち大工の軸組と左官(さかん)による仕上げの妙なのです。それこそ四国脇町(現美馬市)の商家の防火壁の梲(卯建:うだつ)の鏝(こて)さばきなど、匠の技の妙が際だつものです。

京都町家の骨組み(天野彰)
<イラスト:住まいの軸組再生と補強 写真2:京都町家の骨組み(天野彰)>

 *********************************************************

★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回は、「木の家はその基礎から再生(曳家)ひきや」です。お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表