無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 注文住宅・家づくり
  4. いつが建てどき? ゆっくりじっくり考え、勉強してから家づくりをはじめたい

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 小野 信一 ネクスト・アイズ株式会社いつが建てどき? ゆっくりじっくり考え、勉強してから家づくりをはじめたい

<いつが建てどき? ゆっくりじっくり考え、勉強してから家づくりをはじめたい>

住宅ローン金利の低下をはじめ、不動産価格の下落、子どもの小学校入学、結婚や出産、親との同居、親からの資金援助、知人が家を建てたなど、家づくりのきっかけは、人それぞれ。

『思い立ったが吉日』とばかり、まったく準備もしないままいきなり家づくりを始める方が、たくさんいらっしゃいます。
そうした方のほとんどは、残念ながら売り手にうまく誘導され、家づくりに失敗してしまいます。

家づくりとは、あくまでご自身と家族だけのプロジェクト。家づくりやリフォーム・リノベーションに失敗して後悔したとしても、だれも助けてくれませんし、責任もとってくれません。
家づくり(新築・リフォーム)とは、あくまで自己責任である、という強い意識をもつことが必要です。

家づくりは気力と体力、そして長い時間がかかる非常に難しいプロジェクト。それだけに「こうした家を建てたいという夢」を実現する強い意志を、最後まで抱き続けることが、家づくり・リフォーム・リノベーションにおける最大の成功の秘訣。

 いつ建てどきか、おかれている環境によって違います。しかし、倒れた親の介護のために急いでバリアフリーの家が欲しいと考えても、不動産価格の底値到来を待っていたのでは、倒れた親の介護すらままなりません。
つまり、家づくりとは、建てたいと感じられたときが建てどき。当然ながら、そのときにみなさまがおかれている環境が条件となります。その条件を整理したうえで冷静に判断し、無理をしないことも、ときには必要です。

 また、家づくりに関しては素人であるみなさまは、直接家づくりのプロである売り手と直接交渉しなければなりません。よって、家づくり・リフォーム・リノベーションに取り組むときは、必要最低限の知識は身につけておくことが大切になるのです。

関連記事

住生活コンサルタント 小野 信一住生活コンサルタント 小野 信一

住生活コンサルタント 
小野 信一
ネクスト・アイズ株式会社

『こんな私に少しでも好感をもっていただけたら、あなたのお役に立てるかもしれません。メールやお問い合わせ、是非お待ちしております。』
一般消費者への家づくり情報を発信する「ハウスネットギャラリー」を運営する一方、「欠陥住宅を造らない会」、「ちっちゃな工務店クラブ」事務局も兼務。一般消費者への住まいの相談業務は2500人以上を数えます。
その豊かな実例をもとに“家づくり必勝法”(NHK出版)を発刊。
経済産業省 住宅産業関連ニュービジネス支援策検討委員会委員。 日本FP協会会員。