無料新規会員登録

夏季休業ご案内

2017/8/9(水)~8/16(水)休業日とさせていただきます。期間中 のお問い合わせは8/17日より順次対応させていただきます。

掲載情報件数

完成事例 1453 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 14 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 住宅ローン金利から見る、2017年度の建てどき?リフォームどき?

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社住宅ローン金利から見る、2017年度の建てどき?リフォームどき?

住宅ローン金利から見る、2017年度の建てどき?リフォームどき?

2017年は、建てどき?買いどき?リフォームどき? と最適な時期について、気にされる方も多いのではないでしょうか。
そこで今回から、2017年に家づくり計画を進めたほうがよいかもしれない理由を解説しましょう。

早速、2017年~2018年の金利推移の予測を踏まえた、住宅ローン金利傾向を解説します。

 <前提条件>
 日本銀行や複数のシンクタンクの予測をまとめました。
 2017年の日本経済は、生産・輸出が緩やかに持ち直すとみられること
 から緩やかな回復の動きが続くと予想。
 ただし、個人消費は可処分所得の伸び悩みから消費抑制の傾向が続き、
 消費回復は緩慢な動きになるだろうと予測されています。

〇このような傾向を踏まえ、公共事業を中心に政府の経済対策が行なわれますが、経済対策における家計支援策は規模が小さいことから、消費押し上げ効果は限定的と予測されています。

〇2017年度~2018年度にかけて、物価は上昇する見込みではあります。しかし、2018年度まで日銀の目標を下回るペースに留まると予測されています。
2018年度は、2017年度の経済対策の押し上げ効果は一巡するものの、新たな経済対策を策定すると見込まれています。海外経済の成長ペースも輸出の下支えとなることで、+1%程度の成長ペースを維持するものと考えられています。

これらの予測を踏まえ、2017年度~2018年度の短期金利・長期金利の推移は、以下のように推移するものと予測されています。

 ●短期金利(政策金利・短期プライムレートと密接な関係)
 変動金利住宅ローン金利は、政策金利・短期プライムレートに
 連動します。当面は現行水準を維持すると見込まれています。

 ●長期金利(「10年満期の国債の利回り」を指す場合が多い)
 米長期金利の上昇をうけ、上振れ圧力が高まる見込みですが、日銀の
 政策のもとでの国債購入が金利上昇圧力を吸収するため、おおむね
 ゼロ%程度~小幅プラスの水準で推移するものと見込まれています。
 結果として、固定期間選択型住宅ローン金利や全期間固定型住宅ローン
 は手堅く観ても小幅プラス程度の金利変動となるものと考えられます。

2018年までは、変動金利型住宅ローン、並びに固定期間選択型住宅ローン金利や全期間固定型住宅ローンは、とりあえず現状の金利をベースに小幅な変動で留まるものと予測されております。
しかし、住宅ローンは2年で完済できる金額ではないこと。あわせて物価上昇は材料費や職人さんなどの労務費上昇につながることから、短期的な金利動向に一喜一憂するのではなく、計画段階から長期的な物価上昇リスクも考えておく必要があります。

あわせて、変動金利で住宅ローンの借入を検討している方のなかには、利率が上昇したら固定金利に切り替えようと考えるかもしれませんが、固定金利に対する金利見直しの動きは変動金利に比べて早いことから、住宅ローンの借り換えを検討している最中に固定金利の適用金利が上昇してしまっていることがあります。

全く予測できないのが地政学的リスクによる商品市況の高騰、為替通貨の乱高下。それらの影響をうけた企業の投資活動や個人の消費者心理の冷え込みといった悪い影響の可能性です。
この場では地政学的リスクについての解説は差し控えますが、ちょっと調べるだけでもみなさまの想像以上に混沌としていることがわかります。

次回は、政府の経済対策をもとにした、住宅の支援制度について少しずつ解説して いきます。

2017年の建てどき?リフォームどき?を判断!

 ★専門家による家づくり・リフォーム・住宅ローンなどの無料電話・メール相談(ネクスト・アイズ株式会社)
  》受付時間:毎週水曜日を除く午前10時~午後6時
  》ご相談電話:フリーダイヤル 0120-406-212
  》ご相談メール:こちら

 ★施工会社選定から面談時の注意点などあなたが理想の住まいを手に入れるお手伝いをいたします!
  ハウス仲人~お家らくらく紹介サービスはこちらまで(水曜定休日)

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。