無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1431 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 15 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 使いやすいキッチンの満足度と腰痛の関係

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社使いやすいキッチンの満足度と腰痛の関係

今回から、住まいと健康の関連について複数回にわけて解説します。

今回は、キッチンの高さと腰痛との関連について

住まいの満足感は、日々の家事が楽しいと高まるようです。慢性腰痛を経験したことがある女性を対象に、居住環境・家事といった生活行動が慢性腰痛・ストレス等に与える影響を調査した論文が公開されています。

この論文を要約すると、
○満足度が高い住まいになると『家事の楽しみ』が増えることから、『ストレス・疲労感』が減って『慢性腰痛』が減少するようです。

○運動習慣がない方にとって、家事を長く楽しめる住まいが腰痛を減少させる可能性があります。

○高齢期には家事を楽しめる住まいが、ストレス・疲労感や慢性腰痛を軽減する効果が期待できるようです。

○キッチンの高さ感が適切な場合において、家事の時間が長くても慢性腰痛がわずかに減るようです。

つまり、住まいのストレス・疲労感は慢性腰痛への影響が大きく、多くの時間を過ごすキッチンの高さを適切に整えることで、長い家事時間でも腰痛が軽減される、ということです。

家事の快適さを考えた家づくりが満足度を高める

適切なキッチンをしつらえることは、住まいと健康の関連において重要な要素、といえます。使いやすいキッチンにするためには、並行して適切な収納も考える必要があります。

また、室内の暑さ・寒さが高血圧の原因になったり、ヒートショックの危険性が高まる要因になっていること。あわせて住まいの過度な湿気が結露・カビの発生を促しアレルギー疾患を引き起こす可能性を高めることは、広く知られていることです。

しかし、家事や収納の優先順位を下げて性能スペックに偏った住まい選びにこだわるのではなく、日々の生活の基本となる家事の優先順位も高くした住まい選びが、長期間にわたり快適に過ごせる住まいになることは間違いないようです。

次回は、洗濯物の部屋干しがもたらすリスク、ならびに過度な室内湿度がもつアレルギー疾患リスクの可能性について解説します。

家事空間の使いやすさが住まいの満足度を決める?

(参照論文) http://ci.nii.ac.jp/naid/130004937090
 国立情報学研究所 学術情報データベース(CiNii)収録
 居住環境と家事が慢性腰痛に及ぼす影響の属性別分析
 COVARIANCE STRUCTURAL MODELING-BASED MULTI-GROUP ANALYSIS
 AMONG LIVING ENVIRONMENT, HOUSEWORK AND
 CHRONIC LOW BACK PAIN
 長澤夏子, 堤仁美, 松岡由紀子, 加藤龍一, 秋元孝之, 田辺新一著

 ★毎週住まいに役立つ無料メールマガジンを配信中!「本当の住まいづくり入門~100人の達人に聞く」

 ★「新築建てたい」「リフォームしたい」「土地の購入・売却を検討」「家づくりお金について」「住宅ローンについて」「賃貸併用住宅など、収益のでる家を建てたい」「とにかく自宅の近くで安心できる業者を紹介してほしい」など住まいに関するお悩みを相談してみませんか? ご相談は随時受付中(ネクスト・アイズ株式会社)
  ■電話によるご相談(無料) →  0120-406-212 まで(水曜定休日)
  ■メールによるご相談(無料) →  info@nexteyes.co.jpまで(水曜定休日)

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。