無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 目の前で指を左右に動かすと、こま送りのように見えた

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社目の前で指を左右に動かすと、こま送りのように見えた

<目の前で指を左右に動かすと、こま送りのように見えた~住宅時事>

LED照明の導入をお考えの方々にとって、また気になる問題がありました。
LED照明そのものについては、私はその省エネ性能の高さを考えると、まったく否定するつもり
はないのですが、先日札幌市役所でLED照明に対する法整備が追いついていないことを
象徴するトラブルがあったそうです。

そのトラブルは、今年の春から始まりました。
昨今の『エコ』対応を受け、札幌市が2010年3月に市役所の執務室や廊下にある約9000本の蛍光灯を
直管型LED照明に取り換えました。
その直後、一部の職員から「目が疲れる」「気分が悪い」といった体調不良を訴えたとのことです。
この職員からの相談を受け、市がアンケート調査したところ「業務に支障がある」と答えた職員が
7.4%にも及んだそうです。

この原因は、蛍光灯やLED照明、ブラウン管がもつ「フリッカー」と呼ばれる現象からきています。
「フリッカー(flicker、フリッカ)」とは、蛍光灯やブラウン管を用いたディスプレイに生じる
細かいちらつき現象で、人間の目でその点滅を認識できるようになる現象です。
たとえば、フリッカーの生じているディスプレイを長時間使っていると、疲労・めまい・吐き気
などにつながります。
蛍光灯でも、フリッカー現象を起こします。通常、蛍光灯は50Hzの電源を使うなら100Hz、
60Hzの電源を使うならば120Hzで点滅を繰り返しているのです。
この頻度は、人間の目で感知できないほど大きなものですが、蛍光灯の寿命が近づいてきて
一度の点滅の残光時間が短くなってくると、点滅の感覚が目立つようになって
フリッカーとして認識されるようになってきます。

LED照明の場合でも、蛍光灯と同じような点滅を繰り返しています。
LED照明でも50Hzの電源を使うなら100Hz、60Hzの電源を使うならば120Hzで点滅を繰り返している
のですが、LED照明の場合は蛍光灯と違って『残光』がありません。

札幌市の周波数は50Hz。つまり1秒間に100回の頻度でオンとオフを繰り返します。

となると、見え方はどうなるのでしょうか?

照明が1秒間に100回の点滅を繰り返すわけですから、見え方によっては
「目の前で指を左右に動かすと、こま送りのように見えた」状態に陥ります。

では、このようなトラブルが起きる原因とは何なのでしょうか?

こうしたトラブルの根本的な原因は、LED照明の規格や基準の法整備が進んでいないことにあります。

実は、現時点では大半のLED照明は電気用品安全(PSE)法の規制対象外なのです。
つまり、LED照明の安全性は法的に担保されておりません。
そこで、経済産業省は電気用品安全(PSE)法の政令改正方針をようやく掲げました。
2011年3月までに電球形のほか、光源と灯具が一体のLED照明を規制対象に加えるとのこと。

ただし、ちらつき防止の規定については「安定的に点灯動作するための装置を設ける」
といった記述程度になる見込みです。
その理由とは、「明るさや電圧の変動幅がいくらまでなら健康被害が生じないのか、
客観的な数字で規制するのは難しい」(同省製品安全課)から。

先日の記事でも書いていますが、LED照明については、明確な規制がないばかりに品質に問題ある
製品が市場に出回り、トラブルに巻き込まれた消費者が不信感を募らせるという状況が生まれています。

その際、気になることが設備機器を選択する責務をもつ設計者が、これらの情報を
どこまで把握しているのか。
また、発注者である『家を建てる・リフォームする方(施主)』に対して、どこまで
LED照明のメリット・デメリットを説明しているのか。
照明をはじめとする電化製品は経済産業省の管轄であり、国土交通省の管轄ではないことが、
設計者に対する的確なネガティブ情報を伝えていくことを難しくしています。

あたりまえの話ですが、施主にとって安全で高品質な製品を選ぶのが設計者の仕事である以上、
このような事例も事前にきちんと把握しておくべきだと考えられるのです。

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。