無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1429 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 14 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 「家相」はあるか?(1)家相はあるのです!

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 「家相」はあるか?(1)家相はあるのです!

―多くの方が気になる、けれど理解できていない「家相」―

○今回のポイント 1 家相は、健康や安全に関係した住まいの環境学
○今回のポイント 2 家づくりでは必ず話題になるほど「家相」は気になるテーマ
○今回のポイント 3 ボリュームゾーンは60齢以上だが、30代の若い世代も家相に関心がある

あるネットの連載をしているとき、「家相」やリフォームなど家づくりで関心が多そうな要件を訊ねたことがあります。
すると年齢や氏名付きで、多くの方から感想やご意見をいただきました。その中で、よく分からないが、気になる「家相」のことが一番多いことが分かりました。

アンケートから読む 水回りが48%・家相も7割と気になる方が多い

まずは現在の住まいの形ですが、「家相」などのアンケートの特質からか、一戸建てや持ち家の方が総計72%と多くなりました。また、リフォームの希望箇所は、水回りのリフォームが圧倒的で総数は48%にも達し(複数回答)、その筆頭はやはりキッチンの18%で、意外にも浴室16%、洗面トイレ12%と、サニタリーの快適性を求めていらっしゃる方が多いのです。
その反面、予想に反して、収納(14%)内装インテリア(9%)と、かつてに比べ、当初の設計での配慮やインテリアが延べに良くなっていることを裏付けます。しかし意外にも耐震補強のポイントは11%と低かったのです。

そして「気になる家相」の問いですが、ま、これは予想通りの「なんとなく気になる」までを含めると総数で68%と、ほぼ7割の人が気にしていらっしゃることが分かりました。

朝日新聞アンケート調査)家相は気になりますか?(監修:天野彰)
<朝日新聞アンケート調査)家相は気になりますか?(監修:天野彰)>

しかも驚いたことは60歳の人が70%を占めることは予想通りとして、案外20~30代の若い世代が70%以上と家相に関心を示していることでした。この調査がIT世代を対象にしていることが関係しているのでしょうか。50代は、進んだIT世代とそうではないグループという格差があるにしろ、評価が低いポイントを示しているとしても、全体としては改めて家相の“威力”を知ったのです。

意外に、20代も興味がある運命的な「家相」

意外にも若い人たちが、干支(えと)や星まわり、さらには風水や家相にまで興味を示します。こんなIT時代だからこそ運命的なことが尊重されるのかも知れません。
確かに毎年の年賀状のデザインの干支の“キャラクター”が問題になるからでしょう。こうした日常的な干支を中心として、古来それを時や日付け、年号、さらには八方位細かく24方位を表す表現にされているわが国の文化なのです。

こうして若い人たちのスピリチュアルブームで、風水や易などに興味を持つ人が多いのですが、中でも「家相」は昔から多くの人が気にされ、 家づくりでは必ず一度はその話題が上がるのです。これは、子の刻(午前0時)子の方角(真北)などと、時や方位、さらに自然界や精神を感じる文化を学ぶのです。
ときにはそのためにプランが変わったり、まるで家相のためのプランづくりのようになることも多くあります。

家相は住まいの環境学とも言える

家相があるかないかと問われることも多いですが、実際に何か災いや障りでもあると必ず「家相が悪かったのでは?」などとなります。いくらナンセンスと言っている人も、身内や人に言わたり、そう思うと気持ちのいいものではありません。従って私は、「家相はある」と答えることにしています。

われわれの大先輩である建築家の故 清家清氏をして、「これは科学だ!」「家相は住まい設計の統計的な手引き書だ!」などと言わしめたほど健康や安全の環境学と言えるのかも知れません。

 *********************************************************

★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回も「家相」についてお話ししましょう。お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表