無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1455 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 14 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 過度な湿気は要注意!アレルギー疾患のリスクについて

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社過度な湿気は要注意!アレルギー疾患のリスクについて

お住まいの地域の気候や立地などの外部環境にあわせて、結露・カビの発生を抑える住環境整備があるそうです。、それらがアレルギーの症状の予防対策につながることが示されています。
2003年に法的に義務化された、24時間常時強制的に換気できる環境を整えるための換気設備は急速に普及しております。しかし、換気設備を常時稼動させる電気代を節約するため、せっかく設置されている換気設備を止めているご家庭も少なくありません。

冬期間の結露・カビを防止する方法

■24時間換気を止めないこと。
廻しっぱなしにしても、月々の電気代は1,000円もかかりません。

■室内の湿度を上昇させる原因となる器具などは置き換えること。
部屋干しはもちろん、開放式の灯油ファンヒーターも燃焼した灯油とおなじ量の水蒸気を発生させるため、他の暖房器具に置き換えましょう。

<注意点> ■24時間換気設備は適切なメンテナンスが重要です。
皆様でもできることは、定期的にフィルターを清掃(目安は3ヶ月ごと)・フィルターの交換(目安は1年ごと、穴が開いているときは随時交換)です。

アレルギー疾患のリスクは室内の過度な湿気も大きな要因

さて、本題に移ります。
住居内が過度に湿気を帯びて結露・カビが発生する状態(ダンプネス)の程度が重くなればなるほど、その家に暮らす子供が喘息やアトピー性皮膚炎にかかるリスクが高くなるようです。
また、冬期は室内環境の影響が大きいことが示されています。

<各種アレルギー疾患の有病率について>

・ダンプネスの程度が重い場合の有病率は
 アレルギー性鼻炎が2倍、喘息は1.7倍に高まることが示されています。

・アレルギー性鼻炎と喘息の有病率は
 換気設備の仕様の有無をはじめ、工業地域、河川などの屋外環境も影響することが示されています。

※出典:国土交通省 健康維持増進住宅研究委員会 10.03.24 資料No.5
(平成 19~21 年度)健康影響低減部会 活動概要

※出典:住宅のダンプネスのアンケートによる評価法の提案と子供のアレルギー疾患に及ぼす影響に関する全国調査
  長谷川 兼一/鍵 直樹/坂口 淳/篠原 直秀/白石 靖幸/三田村 輝章
  日本建築学会環境系論文集 81(723), 477-485, 2016

快適な暮らしは、適切な換気設備や暖房器具を選ぶことが重要

月々1,000円程度の電気代はもちろん、暖房器具本体価格は安価でも湿気を発生させてしまう暖房器具を多く利用することで、アレルギー症状がひどくなってしまい、節約した電気代・暖房器具代以上に医療費がかかってしまったのでは元も子もありません。

また、新築・リフォームを検討するときは、調湿性能に優れた壁材などを選ぶことだけがダンプネスを抑える方法ではなく、お住まいの地域、周辺の環境にマッチした適切な換気設備・適切な暖房器具を選ぶことのほうが、より優先順位が高い項目なのです。

快適な住環境も家づくりには重要な要素です。

 ★専門家による家づくり・リフォーム・住宅ローンなどの無料電話・メール相談(ネクスト・アイズ株式会社)
  》受付時間:毎週水曜日を除く午前10時~午後6時
  》ご相談電話:フリーダイヤル 0120-406-212
  》ご相談メール:こちら

 ★施工会社選定から面談時の注意点などあなたが理想の住まいを手に入れるお手伝いをいたします!
  ハウス仲人~お家らくらく紹介サービスはこちらまで(水曜定休日)

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。