キャッシュバックキャンペーン

掲載情報件数

完成事例 1484 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 15 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 収納は難しい?(2) 収納のコツは「ポケット収納」?

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 収納は難しい?(2) 収納のコツは「ポケット収納」?

―家を建てる時どなたも、あの「収納、シューノ-」と、住まいのあちこちに多くの収納を設けます。結局一体どの収納に入れたのか分からなくなり結局また買い込み物が増えます。―

○今回のポイント 1 どの収納に入れたのか分からず買い込む前に、一時的に保管できる箱を作り整理する
○今回のポイント 2 物を出して置く場所も特定の位置にすることで整理する時間を減らす

第一、どの収納に入れるのかを考えるのも忙しい日常の中ではもどかしいものです。結局その場やテーブルの上に積まれてしまうのです。

テーブルの上の書類や資料の山。ここでご飯も食べる?(写真:天野彰)
<テーブルの上の書類や資料の山。ここでご飯も食べる?(写真:天野彰)>

一時預かりの収納で、時間のある時に片付ける

人の洋服にはあちこちに多くポケットがあります。あり過ぎていざと言う時、あちこちを手探りで探してしまいます。結局、形の違うペンさしなどとは別に大きめのポケットの方が物を探しやすいのです。

住まいの収納も同じで、あちこちに小分けしてある収納より、小部屋の中に剥き出しの棚やラックなどを置き、そこにランダムに置いたり、物を掛けたりします。とりあえずの“一時預かり”収納です。まさしくこれこそ大きめの「ポケット」です。

イラスト:テーブルの後ろに取りあえずの剥き出しなんでも棚を(画:天野彰)
<イラスト:テーブルの後ろに取りあえずの剥き出しなんでも棚を(画:天野彰)>

所定の置き場を決めて、溢れてきたら片付ける

「ポケット収納」は季節の頂き物や新聞雑誌、段ボールなどを無造作に置き、時間があるときにゆっくり整理し、所定の位置にしまったり、廃品回収の日などにさっと出すのです。これが生活と言うもので、毎日物のために細かく神経質に整理するなど人生の無駄遣いとも言えるのです。

ちなみに私の取りあえずのポケット収納は大きめの食卓テーブルです?ここで原稿を書いたり、食事をしたりもしますが、物が溢れてきたら片づけるのです。楽で原稿も進むのですが・・・、やはり剥き出し過ぎて煩雑で今にも本が崩れそうで家族にも嫌われます。
ダメですねぇ。

納戸の片隅の何でも収納棚例(設計:天野彰)
<納戸の片隅の何でも収納棚例(設計:天野彰)>

では実際に「ポッケット収納」はどうつくればいいのでしょう?次回はこんなポケット収納についてお話します。

―なおご参考までに、雑誌「クロワッサン」今月号にて、この狭さに挑戦!捨てるか?収納するか?(筆者)が紹介されています。合わせてご覧あれば幸いです―

 *********************************************************

★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表