無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1474 件 | ハウスメーカー 23件 | 工務店 84件 |建築家 14 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 注文住宅・家づくり
  4. 住宅ローンの選び方(15) 申し込み時の注意点 -14-

住宅関連記事・ノウハウ

住宅アドバイザー 吉田 貴彦 株式会社住宅相談センター住宅ローンの選び方(15) 申し込み時の注意点 -14-

住宅ローンの注意点  引き下げ金利

現在の住宅ローン金利は、多くの場合各金融機関が定めている基準(店頭)金利から、申込者の属性によってサービスする引き下げ金利を差し引いて実行(適用)金利を決めています。
この引き下げを受けるためには、給与振り込みや公共料金の引き落としをその金融機関でしたり、クレジットカードを申し込むなどの条件が必要になります。

この引き下げ幅を、借り入れ当初大きく設定しているのが「当初引下タイプ」といいます。
たとえば10年固定金利型住宅ローンで当初10年間の引き下げ幅を2%とし、11年目以降の引き下げ幅が1%に縮小するようなローンをいいます。これに対して借り入れ当初から完済まで同じ引き下げ幅を設定している住宅ローンを「全期間引下型」といいます。

どちらを選ぶかは、申込者のライフプランや返済期間等によって異なりますので慎重に検討することが必要です。

その引き下げ金利ですが、引き下げる期間がいつまで継続するのかを確認することが必要です。
たとえば金利が他行より低いというだけで選ぶと、「この引き下げ期間は最初の店頭(基準)金利の見直しのときまでとします」というような条件が設けられていることがあります。

弊社へのご相談者の中には、住宅ローン返済開始後半年で引き下げ金利が縮小してしまった方もいらっしゃいました。

見た目の金利の低さだけでなく、引き下げ期間がいつまで継続する商品なのか十分注意していただきたいと思います。

 住宅相談センター 代表取締役 吉田貴彦

 【生活の困ったを相談してあんしん!】
  ご相談・ご質問・ご要望は下記まで お気軽にどうぞ!
    ■住宅相談センター  フリーダイヤル 0120-756-365
     名古屋市中区栄四丁目1番地1 中日ビル6階
     http://www.hng.ne.jp/expert_detail48.html
     オフィシャルサイト

関連記事

住宅アドバイザー 吉田 貴彦住宅アドバイザー 吉田 貴彦

住宅アドバイザー 
吉田 貴彦
株式会社住宅相談センター

証券系不動産会社・大手ハウスメーカーに営業責任者として勤務。
 ファイナンシャル・プランナーや住宅ローンコンサルタント・ホームインスペクターなどアメリカの制度を早くから導入して、お客様本位の家づくりのアドバイスを提唱している。