キャッシュバックキャンペーン

掲載情報件数

完成事例 1484 件 | ハウスメーカー 23件 | 工務店 84件 |建築家 15 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 収納は難しい?(5)老いて安全で楽なゴールデン収納?

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 収納は難しい?(5)老いて安全で楽なゴールデン収納?

―老いると言うこととは一体何でしょう? 老いることは今や高齢者の問題ではなく国家的問題で、老いも若きも真剣に一緒に考える時代がやって来たのではないでしょうか?―

○今回のポイント 1 高齢者の住まいでは、常に見える収納が重要
○今回のポイント 2 老いてからの収納は、手が届き使いやすい点を重視して計画する

快適すぎる家は、高齢者の知力や体力を奪う要因?

まずはちょっとしたことでつまずいたりよろけたりすることです。それがために運悪くそのまま寝たきりになったり、増えた高層住宅で快適な家に長く閉じこもることで体力や知力を失いそのまま痴ほう症になるケースも増えているとも言われています。もちろんこれは家や家族だけの問題ではなく、高齢者が活動できる社会環境の整備にも起因するとも言われます。

建築的に住まいを見ると、確かに機能的で快適な住まいの割に事故が増えたり、楽過ぎて動かなくなったりすることで活力を失うのではないかと思われる現象も増えています。

住まいの中を活動できる空間へ

こうしたことから住まいはバリアフリーに加えてリハビリ効果?も必要とされるのです。かと言って、住まいの中をジムのようにするのではなく、自然に活動できる間取りや立体的なプランニングが重要なのです。

収納も立体的な壁面収納にして全体を見通し良くし、常に見える収納にし出しやすい収納にするのです。部屋によっては棚に扉を付けず、どこに物を置いたか仕舞ったのかを覚え安くすることです。
さらにテレビなどのゴールデンアワーの番組に例え、よく見え、手が届き使いやすい「ゴールデン収納」(イラスト)にするのです。これによって脚立から落ちたり、無理な姿勢で腰を痛めたりすることを防ぐのです。

イラスト:「ゴールデン収納」見通しを良くし、姿勢を考える(画:天野彰)
<「ゴールデン収納」見通しを良くし、姿勢を考える(画:天野彰)>

次回は、収納テクニック“玄関は物の関所”をお話します。

 *********************************************************

★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表