無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1466 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 14 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 収納は難しい?(6)物を家の中に入れない!玄関クロゼット

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 収納は難しい?(6)物を家の中に入れない!玄関クロゼット

九州豪雨で被災された方々、今も避難されておられる多くの方々に心よりお見舞いを申し上げます。

○今回のポイント 1 収納で神経質になるのは人生 勿体ないと考える
○今回のポイント 2 物を置くための家ではなく、人が快適に生活する家にする
○今回のポイント 3 必要な物だけを残す生活

やはり収納についてのお話がなんと6回にも渡ってしまい、しかも同様な答えが何度も出て来て我ながら驚きます。
家づくり、すなわち物と同居?家は物を置くところ?そんなセオリーがいつの間にか生まれて、次第に「収納」が住まいの主役のようになってしまったようです。

物を置くための家から、人が主役の家へ

しかしかつてわが国の家はもともと柱と屋根だけで、収納の造りなどなく(イラスト1:江戸の裏長屋)、西欧の家も壁だけで家具が主力で、やがて屋敷には「納戸(塗り籠め)」や「蔵」、庶民の家には「押入れ」ができ、さらに今のクロゼットなどの造りつけの「収納」となるのです。

イラスト1:何度も紹介する江戸の裏長屋の生活(画:天野彰)
<イラスト1:何度も紹介する江戸の裏長屋の生活(画:天野彰)>

そこで今改めて原点に戻って、家は人が主役と考えるのです。
つまり人が生きて行くために何が必要かを考えるのです。まさしく手の届くところに、必要な物の「置き場」です。

物を買わない、持ち込まない生活

これはこれからの超高齢化社会での生活で必要な最低限の物と考えるのです。その段階ではすでに「断捨離」や「終活」などの余裕など無いのです。物に左右され、収納で神経質になるなど、人生がもったいないと考えるのです!
今からできるだけ物を買わない、物を持ち込まない、生活を“鍛錬”をする必要があるのかも知れません。

今家の中にある必要ではないものを極力追い出し、さらに外から家の中に物を持ち込まないことです。まさしく「住まいの外と内の関所」をつくるのです。それこそ玄関でストップ!の「玄関クロゼット」と台所の勝手口の「パントリー」です。

かく言いながら・・・、わが家のあり様を見ると気が遠くなりそうですが・・・。

ここでストップの玄関クロゼット(設計:天野彰)
<ここでストップの玄関クロゼット(設計:天野彰)>

次回からは「夏を涼しく」をお話します。

 *********************************************************

★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表